開発者イベントWWDC 2014 キーノートプレゼン (中継)より。アップルが新プログラミング言語Swiftを発表しました。

Swift は従来の Objective-C や C と同じレイヤーで、iOS / OS X アプリを開発するための言語。Cocoa / Cocoa Touchフレームワークやランタイムを共有しつつ、Cとの互換性や Objective-Cの奇怪な方言 などレガシーを廃してモダンな言語仕様を取り入れたことで、Objective-Cよりも実行は大幅に高速でありながらシンプルに記述でき可読性が高く、保守しやすく、バグを出しにくいことを売りとしています。アップルの表現では「Objective-C、without the C」。

Swift 言語発表 (WWDC 2014)

すべての写真を見る

21 枚






Objective-Cとランタイムやフレームワークは共通。Objective-Cで書けるアプリはすべて書ける。



C、Objective-CとSwiftは併存可能。同一アプリのなかで、Objective-C部分とSwift部分を持たせることもできる。既存アプリへの追加や部分書き換えが可能。



モダンな言語仕様を導入。Objective-Cでは後付けだったために複雑になったところ、コツや注意が必要だった落とし穴、特殊な文法だった部分をシンプルに。セミコロン不要;



設計時からパフォーマンスを前提にしたこと、高性能なLLVMコンパイラでネイティブコードにコンパイルすることで、Objective-Cを凌ぐ実行速度も売り。



(Pythonと比べたら速いに決まってる、とはもっともな感想ですが、Pythonのような後発の超高級言語は Objective-Cを含む「レガシー」な言語に対して、モダンでシンプルな文法と可読性・保守性の高さを売りとしています。アップル的には書きやすく読みやすいことと、コンパイル時の実行速度の両立こそアピールしたい部分です。

また Swiftは開発時のインタラクティブ性を売りとしており、書いたそばから開発環境 Xcodeのなかで実行して可視化できます。このあたりの手軽さは、インタプリタで簡単に試しながら開発できる Pythonの売りと近いものがあります。)





開発環境はXcode 6 が完全対応。入力補完やデバッグなど。

また開発時のインタラクティブ性も売りとしており、プレゼン中ではシンプルな2Dゲームをリアルタイムに実行しつつ、値の変化を可視化したり、スライダーで任意のステップまで戻って動作確認といったデモも。

Swift で開発したコードは、秋の iOS 8 とOS X Yosemite にあわせてApp Storeで受け付け。

アップルは開発者向けにXcode 6 beta や Swift のドキュメンテーション一式を提供する、iBooks で Swift の教科書 The Swift Programming Language を無償公開しています。

追記:米アップルの開発者サイトに Swift 紹介ページが載りました。文法や設計、開発環境について具体例つきの導入が読めます。

iOS 8

すべての写真を見る

216 枚



アップル WWDC 2014 関連記事一覧
アップル、新プログラミング言語Swiftを発表。レガシーを廃して高速化したiOS/OS X開発用
広告

0 コメント

広告