Sponsored Contents

beatsの最新記事

Image credit:
Save

Beats by Dr. Dre 初のワイヤレス イヤホン Powerbeats2 発表。6月下旬発売、199ドル

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年6月14日, 午前02:04 in Beats
116シェア
0
116
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
アップルの一員となった Beats Electronics が、Beats By Dr. Dre ブランド初のワイヤレスイヤホン Powerbeats2 を発表しました。スポーツ向けのインイヤータイプで、調整可能なイヤーフックにより激しい動きにも対応します。
 

Gallery: Powerbeats2 by Dr. Dre | 29 Photos

29

 

 
Powerbeats2 は、名前こそ有線のスポーツ向けイヤホンとして2010年に発売された Powerbeats の後継のようですが、Bluetooth を採用しただけでなく、ハウジングやイヤーフックのデザインなども一新されました。また、汗や雨に耐える IPX4 相当の防水機能を追加しています。
 

 
Bluetoothのバージョンは4.0。マイクを内蔵しており、スマートフォンなどとペアリングすれば通話もできます。連続再生時間は最長で約6時間。スポーツやワークアウトの前に充電を忘れても、約15分間のクイックチャージで1時間ほどは音楽再生が可能です。

バッテリー残量は本体に搭載するLEDの光りかたで表示する仕組み。白く点灯では通常状態、残り1時間を切ると赤く点灯します。さらに、残り15分を切ると赤色で点滅を始めます。

 
 
カラーはブラック、レッド、ホワイト。キャリングポーチとコードの長さ調節用クリップ、4サイズのイヤーチップが付属します。

発売時期は6月下旬。価格は199ドル。
 
ちなみに、Beats は先代の Powerbeats では、NBAスターのレブロン・ジェームズを テレビ CM に起用していました。今回の Powerbeats2 では共同製作者としてクレジットしているとのことで、さらに関係は深まっているようです。
 




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

116シェア
0
116
0

Sponsored Contents