Sponsored Contents

egfesの最新記事

Image credit:

Engadget Fes 会場図&タイムテーブル #egfes

Engadget JP Staff , @engadgetjp
2014年6月20日, 午後07:00 in Egfes
828 シェア
626
139
0
63

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View



#2014年11月24日開催のEngadget Fes 秋葉原 2014 Winterのタイムテーブルと会場図はこちらです。

残すところあと1週間程度に迫ってきました、秋葉原のガジェットの祭典、Engadget Fes 2014ようやくついにプログラムもまとまったので、こちらで公開したいと思います。なお、一度チェックインした参加者の途中入退場が可能となっています。12時~20時の長丁場ですので、途中で秋葉原のお店に立ち寄ったり、湯島天神に行ったりするのも自由となっております。

  1. ソフトバンク(Pepper)
  2. マイクロソフト(Surface Pro 3)
  3. ダイソン
  4. 明和電機アトリエ
  5. PFU(SnapLite)
  6. ハミングヘッズ(ディフェンスプラットフォーム)
  7. キングジム(新製品)
  8. インテル(RealSense)
  9. PFU(ScanSnap iX100
  10. ガジェットバンク
  11. Engadgetブース(参加者プレゼントの受け渡しスペース)
  12. 電子工作部過去作品展示スペース

FabCafeゾーンの出展物

  • ナカバヤシ:ペン型3Dプリンタ 3Doodler
  • BRULÉ: デスクトップパーソナル3Dプリンタ Makerbot Replicator2/Replciator2x/Replicator5th/Replicator Mini、3Dプリンタ Up plus2、次世代テレコミュニケーションツール Double、 ウェアラブルカメラ Autographer
  • bonsai lab:3Dプリンタ BS01
  • FabCafe:3Dプリンタ Super Big 3D printer x 2
  • TOKYO MOTION CONTROL NETWORK:モーションセンサーガジェット
  • Safecast:DIY放射能測定器
  • ガラポンTV:ガラポンTV
  • XYZ Printing:パーソナル3Dプリンタ da Vinci1.0
  • きのこの山とたけのこの里 判定機
  • Miselu:iPad用鍵盤インタフェース Miselu

トークセッション登壇者&ゲスト(一部)


明和電機の土佐信道社長(19時15分開始のスペシャルライブに出演)

堀江貴文氏(15時05分開始のトークセッション 日本の未来、ロケットの未来 に登壇)
大野恭希氏。1983年生まれ。GIZMODO JAPANの副編集長、2代目編集長を歴任し、メディア運営とコンテンツ制作を経験。新しい物、テクノロジーが大好き。最近はGoogle Glassなどのウェアラブルデバイスが、生活にどれだけ変化をもたらすかに関心を持っている。(12時15分開始の 元編集長たちが語る「ベストバイ 2014 夏」 に登壇)

遠藤諭氏。角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員。『月刊アスキー』編集長、アスキー取締役などを経て、2013年より現職。スマートフォン以降に特化したライフスタイルとデジタルの今後に関するコンサルティングを行っている。『マーフィーの法則』など単行本もてがけるほか、アスキー入社前には『東京おとなクラブ』を主宰。著書に『計算機屋かく戦えり』など。『週刊アスキー』にて巻末連載中。(12時15分開始の 元編集長たちが語る「ベストバイ 2014 夏」 に登壇)

石橋文健氏。特価品や新製品など、買い物に役立つ秋葉原のマーケット情報をお届けする Akiba PC Hotline の創設者。現在も秋葉原周辺に生息し、看板の写真などを撮り続けているアキバの生き証人。(12時15分開始の 元編集長たちが語る「ベストバイ 2014 夏」 に登壇)




いしたにまさき氏。Webサービス・ネット・ガジェットを紹介する考古学的レビューブログ「みたいもん!」管理人。2002年メディア芸術祭特別賞、2007年第5回Webクリエーションアウォード・Web人ユニット賞受賞。『ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である』(技術評論社)など著書多数。2011年9月より内閣広報室・IT広報アドバイザーに就任。「ひらくPCバッグ」など、ネット発のカバンプロデュースも好調。(13時15分開始の PCカバンの作り方、選び方 presented by BEAMS に登壇)

チャーリー西村氏。1996年春、東京都千代田区にある科学技術館5Fワークスのオープン時より、米村傳治郎(でんじろう)の助手として活動を開始。数々のサイエンスショーや実験教室、テレビ番組、雑誌の撮影で助手を務める。最近ではでんじろう氏の一番弟子としての公演が増え、2000年1月には台湾の台北・台中・高雄で行われた、「国際幼児教育学術研修会」に初の海外客員講師として招待され、各地で講演を行った。またアメリカ・中国・台湾・サウジアラビア・UAEでのサイエンスショーなど、海外での公演も非常に多い。これまでの講演実績は、数十名規模の実験教室から最大3000名収容の大ホールでのサイエンスショーまでと多岐にわたり、その回数は500回以上にのぼる。2008年4月にサイエンスエンタテイメントを設立。(18時05分開始の扇風機にノイズキャンセリング!? presented by ダイソンに出演)

ジェット☆ダイスケ氏。主にデジモノ紹介ビデオブロガーとして活動、アルファブロガーアワード2009受賞。国内外でテレビ・雑誌等の掲載多数。ビデオアート系の映像作家として受賞歴・海外上映なども有。日本で最も動画共有サイトの立ち上げに携わってます。Apple製品や映像関連の分野でライターもやってます。アパレル、ゲーム、Webのデザイン/作曲なども。(13時00分開始のライトニングガジェットトーク ゲスト)


松尾公也氏。MacUser、MacWIREを創刊し、現在はITmedia所属。ガジェット楽器好き、iPhoneギタリスト、VOCALOID、UTAU、Sinsyなどの歌声合成好き、自分で歌うのも好きな超愛妻家。最近、ガジェット系ポッドキャスト backspace.fmやってます。(13時00分開始のライトニングガジェットトーク ゲスト)




永沢和義氏。1963年、宮城県生まれ。商社、外資系メーカー(NeXT)、VCを経て、有限会社アイビィ・コミュニケーションズ。 2003年よりModern Syntaxを更新中。 同年Blogを結ぶサービス『BlogPeople』を立ち上げる。 Webクリエーション・アウォードでは第4回Web人賞、第5回Web人ユニット賞と連続受賞。(13時00分開始のライトニングガジェットトーク ゲスト)

小寺信良氏。コラムニスト/映像技術者/インターネットユーザー協会代表理事。1963年宮崎県出身。テレビ番組の編集者としてバラエティ、報道、コマーシャルなどを手がけたのち、ライターとして独立。AV機器から放送機器、メディア論、子供とITの関係まで幅広く執筆活動を行なう。主な著書に『Ustreamがメディアを変える』(ちくま新書)、『子供がケータイを持ってはいけないか?』(ポット出版)など。WebではAV Watch、ITmedia、価格.comにてコラムを好評連載中。(14時30分開始の第1回全日本クアッドコプター選手権審査員)


多田羅理予氏。メイカーズのための作品ショーケースサイト『MakersHub』プロデューサー。2004年株式会社リクルート入社。大学時代に秋月電子でアルバイト経験あり。キーワードは「ものづくりをもっと楽しく、もっと継続的に」。ものづくりのスキルをもった人たちを顕在化し、必要とする人たち同志を繋げて新たな価値が生まれる環境作りを支援。ITエンジニア向けの実務スキル評価サービス「CodeIQ(コードアイキュー)」創業メンバー。(14時30分開始の第1回全日本クアッドコプター選手権審査員)

島袋コウ氏。別名モバイルプリンス。沖縄在住、スマートフォンなどのデジタルデバイスを愛する王子。ブログやラジオ番組「スマートフォン王国!!」を手がけるスマートフォンアドバイザー。携帯・スマホの総購入台数は200台超。趣味は基地局探し、特技はSIMの早入替。(17時05分開始のモバイルトーク:技適マークって? 読者の疑問を総務省に代理質問に登壇)



鷹木創。1975年、東京都生まれ。営業職を経て2002年に ケータイ Watchの記者に転職。その後、INTERNET Watchに配属され記者として取材記事などを多数制作する。2006年にアイティメディアに転職し、ビジネスマン向けの情報サイト「ITmedia Biz.ID」(当時、現「誠 Biz.ID」)の立ち上げに携わる。2010年には「誠 Biz.ID」の編集長に就任。2013年にAOLオンライン・ジャパンに転職し、Engadget日本版の編集長を務める。

タイムテーブル (12:00開演~20:00終演)
トークセッション インタラクティブゾーン
19時15分~:
明和電機スペシャルライブ

登壇:明和電機 土佐信道社長、ほか
19時15分~(パブリックビューイング):
明和電機スペシャルライブ
12時15分~:
元編集長たちが語る「ベストバイ 2014 夏」

登壇:
大野恭希氏(元GIZMODO 編集長)
遠藤諭氏(元月刊アスキー編集長)
石橋文健氏(元Akiba PC Hotline 編集長)
Ittousai(Engadget 日本版編集部シニアエディター)
12時15分~(パブリックビューイング):
元編集長たちが語る「ベストバイ 2014 夏」
13時15分~:
PCカバンの作り方、選び方 presented by BEAMS

登壇:
いしたにまさき氏(ブログ「みたいもん」運営、「ひらくPCバッグ」などを開発)
宇井野京子氏(BraveBrownBag輸入総代理店の銀座「五十音」店主)
関根修二氏(ビームス クリエイティブ 販売促進本部 ウェブ制作課 プランニング ディレクター)
13時00分~:
ライトニングガジェットトーク

ゲスト:
ジェット☆ダイスケ氏(ガジェットブロガー、YouTuber)
松尾公也氏(ITmedia チーフキュレーター)
永沢和義氏(ブログ「ModernSyntax」運営)
司会:
鷹木創(Engadget 日本版編集部 編集長)
14時00分~:
どうなる? 日本のクラウドファウンディング

登壇:
石田光平氏(国内最大クラウドファウンディング 「CAMPFIRE」運営)
平皓瑛氏(アニメ専門クラウドファウンディング 「Anipipo」運営)
岡田拓也氏(「COUNTDOWN」運営)
室岡拓也氏(ガジェット特化型「ガジェットバンク」運営)
14時30分~:
第1回全日本クアッドコプター選手権

審査員:
小寺信良氏(ITジャーナリスト)
多々良理予(MakersHubプロデューサー)
実況:
サカタカツミ(クリエイティブ・ディレクター)
鷹木創(Engadget 日本版編集部 編集長)
15時05分~:
日本の未来、ロケットの未来

登壇:
堀江貴文氏(SNS株式会社オーナー兼従業員)
袴田武史氏(Google Lunar XPRIZEの日本代表「ハクト」のリーダー)
松浦晋也氏(ジャーナリスト)
16時05分~:
IoT時代にどう変わる、何が変わる

登壇:
小林茂氏(情報科学芸術大学院大学産業文化研究センター教授)
安齋尊顕氏(インテル IoTソリューションズ事業開発部)
田淵淳也氏(amadana株式会社amidusプロデューサー)
水田千惠氏(ヤフー株式会社メディアサービスカンパニー)
16時00分~:
ひと足先にPepperと出会ったクリエーターによるパネルディスカッション(仮) presented by ソフトバンク

ゲスト: 未定
17時05分~(モバイルトーク):
技適マークって? 読者の疑問を総務省に代理質問ほか

登壇:
島袋コウ氏(モバイルプリンス)
津田啓夢(Engadget 日本版編集部エディター)
17時00分~:
電子工作部アワード

審査員:
小林茂氏(情報科学芸術大学院大学産業文化研究センター教授)
松村礼央氏(東京大学 先端科学技術研究センター 特任研究員)
青木俊介氏(ユカイ工学 代表)
田村英男氏(Make: 日本語版 編集長)
司会:
鷹木創(Engadget 日本版編集部 編集長)
18時05分~:
扇風機にノイズキャンセリング!? presented by ダイソン

ゲスト:
チャーリー西村氏(米村でんじろう氏の一番弟子)
マーティン・ピーク氏(ダイソン シニアデザインエンジニア)

※イベント進行状況等によりタイムテーブルの変更がある場合がございます。予めご了承ください。

トークセッションの整理券配布に関して

当日のトークセッションおよび明和電機のライブはいずれも混雑を予想しています。少しでも混雑緩和のため整理券配布する予定です。ご参加の皆様におかれましては、ご協力のほどよろしくお願いします。
  • 整理券配布開始時間:当日11:00から配布開始
  • 配布場所:会場入口わきのテント内で配布します
配布に関する注意事項
  1. 日本の未来、ロケットの未来」と「明和電機スペシャルライブ」はいずれか1ステージ選択可能
  2. そのほかのステージでは最大2ステージ選択可能
※1と2を併せてお1人様最大2ステージまで選択可能です。ただし1ステージにつき整理券は1枚まで。複数枚の確保はご遠慮ください
※整理券をお持ちでないステージも、空席があればご観覧できる場合があります。

終了後はミートアップを開催

Enagdget Fesが終了した後、別会場にてミートアップを開催します。事前に参加を希望した方は20時にEngadget Fesの会場にて所定の場所に集合してください(当日ご連絡します)。

Engadget Fesの申込み & 概要

  • 日時:6月28日12時~(受け付けは11時30分〜)
  • 参加費:5000円、小学生以下無料
  • 会場:アーツ千代田 3331(東京都千代田区外神田6-11-4)
  • イベント協力:Peatix、WAG Inc.


個人情報の同意 お申込みいただきました個人情報は、下記のAOL.JPの個人情報保護方針のもと、本イベント関連情報の提供に利用するとともに、本イベントの協賛企業各社へ提供いたします。なお、無断でその他の第三者に個人情報を提供することはございません。個人情報に関する詳しい取り扱いについては、こちらまでお問い合わせください(メールでのお問い合わせはこちら)。


その他の Engadget fes についての記事
関連キーワード: egfes, engadget, engadget fes, engadgetfes
828 シェア
626
139
0
63

Sponsored Contents