マイクロソフトが、クラウドストレージサービスOneDrive の無料ディスク容量を、従来の7GB から2倍以上となる15GB へ増やすと発表しました。

また同時に追加容量の月額も、100GB を従来の799円から190円へ、200GB を1199円から380円へと大幅に値下げします。

これらの変更は今後1か月以内に適用予定です。またすでに追加容量を購入済みの場合は、手続きなどは不要で自動的に新価格へ移行します。



今回の変更でOneDrive の無料ディスク容量と追加容量100GB の月額は、競合サービスのGoogle Drive と同じになりました。(米国での追加100GB はともに月額1.99ドル)

なおGoogle Drive は、月額9.99ドルで1TB、99.99ドルで10TB、199.99ドルで20TB、299.99ドルで30TB という追加プランも用意しています。


またマイクロソフトは米国で、クラウドグループウェアサービスOffice 365 ユーザへの無料ストレージ容量を、従来の20GB から50倍の1TB へ増やすと発表しています。

1人用のOffice 365 Personal は6.99ドル、5人まで使用できるOffice 365 Home の月額は9.99ドルなので、1TB のストレージとOffice 365 の各種サービスを、Google Drive の1TB 追加料金と同額または安価に利用できることになります。


なお参考までに主なクラウドストレージサービスの無料基本容量をまとめると、OneDriveGoogle Drive が15GB、先日国内サービスを開始したBox が10GB、iCloudAmazon Cloud DriveYahoo! ボックスが5GB、Dropbox が2GB。

それぞれ専用アプリの使い勝手なども異なるため、使用するサービスを選ぶ際は、ストレージ容量に加えてメインで使用しているOS やモバイル端末などとの連携性も重要な要素です。

たとえばOneDriveは、商標争いで敗れたことをきっかけに改名する前の SkyDrive時代には無料の基本容量が25GBだった一方で、マイクロソフトのサービスなのにWindowsのファイルシステムと同期する方法がなかったり、1ファイルの容量上限が小さいなど、2012年以降のリニューアルまでは使い勝手や機能で劣るサービスでした。しかし現在では逆に、Windows 8.1とネイティブで連携するなど、マイクロソフトのクラウド志向やサービス志向戦略の要に出世しています。
マイクロソフト、OneDrive の無料容量を15GBに倍増。追加容量は約7割安に改定、100GB月190円から
広告

0 コメント

広告