Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

Google I/O 2014キーノート速報。Android L予告、Android Autoやスマートウォッチ発表

Ittousai , @Ittousai_ej
2014年6月26日, 午前12:30 in Android
2187 シェア
1075
482
158
93
379

注目記事

人気記事

アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など

アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など

View





日本時間では26日午前1時から。まもなく始まります。




各媒体から見知った顔が並んでます。Glassを着けている人もちらほら。



ステージはリビングルーム風のセットと、棚にドロイド君が。




https://www.youtube.com/watch?v=wtLJPvx7-ys
YouTubeで公式のライブストリーミングもあります。



謎のカウントダウンマシン。まさかライブでループゴールドバーグピタゴラ的なやつをやるつもりでは......






謎のマシンがスタート!

画面と連動。



ボールがアプリのアイコンやコードの行間、ゲームの画面などGoogle世界を巡ってゆく演出。

every little bit matters.

AndroidとChrome、アプリ責任者 Sundar Picahi氏から。



出席者に挨拶ののち、リモート視聴サイトに触れて各地の参加者にも挨拶。



参加者の女性比率は昨年の8%から20%へ向上。

Android と Chrome について。モバイルの勢いを資料で説明。






Androidのアクティベーションは30日で10億、9300万の自撮り/日など、Androidの成功を数字で説明。




丸い液晶画面のAndroid Wear Moto 360を着けてます。



Androidタブレットの普及。2012年の39%から46%、62%と毎年出荷ベースで成長。KindleなどAndroidベースの独自プラットフォームは含まず。

母国インドを含む新興市場でのスマートフォンの活躍。しかし、まだまだ人口の10%しか持っていない。ここを改善するのが Android one の取り組み。


パートナーと協力して、安価な素のAndroidデバイスを提供する取り組み。



続いて、Android L プレビューについて。








Googleのプラットフォームを統一する新たなデザイン、Material Designについて説明。

インスピレーションは紙とインクから。しかし、固定されていないデジタルのインタラクティブ製を自然に取り込む。



シンプルで「フラット」でありつつ、自然な影や奥行きなど、現実で見慣れた要素で直感的に分かりやすく。





滑らかなアニメーションを全面に導入。単なる飾りではなく、「いきなりテレポートするUI」やいきなり切り替わる画面、突然現れる要素などを排除して、画面から画面、アプリからアプリへの遷移の意味がユーザーに伝わるように。アニメーションの生成を開発ツールでサポート。






マテリアルデザインで書き換えられた純正アプリをデモ。



タッチに対してはリップル(波紋)エフェクトつき。どこを触ったからどうなったのか、UI要素はどこから来てどこに隠れたのか?が奥行きや「マテリアル」の現実的なキューつきの動きで分かりやすく。













Android L では通知も強化。



authenticationも進化。スマートウォッチと連携してパスコードなしアンロックなど。


続いてChrome。



モバイルウェブにもマテリアルデザインを導入。

60fpsの滑らかなアニメーションで、「デジタルな紙」の振る舞いを再現して直感的なユーザーエクスペリエンスを実現。影や重なる紙の奥行きなど。












「最近のアプリ」サムネイル一覧にそのままタブが並ぶように(Chromeを選んでからタブを選ぶ必要がない)。













ホーム画面の検索窓から建物の名前を検索した場合、Google Earthの3Dモデルにそのまま飛ぶなど。アプリ内のコンテンツに直結。



次期Android L から導入される新ランタイム ART (Android Runtime) について。同じデバイスでもアプリが高速化、効率化。




各ベンチマークでの Dalvik vs ART比較。



ARMでもx86でもMIPSでもマルチプラットフォーム対応。64bitプロセッサにもフル対応。



Lではグラフィックスも強化。デスクトップのDX11級グラフィックとモバイルの境界をなくす。

Android Extension Pack 発表。テッセレーションやASTCテクスチャ圧縮など、近代的な手法に対応。


動画でデモ。光の反射やオブジェクトのディテールなどに注目。

さて、高速になり、グラフィックも強化されてバッテリーはどうなるのか?とLでのバッテリーについて。

Project Volta。



どのアプリ、サービス、機能がバッテリーを使っているのか?を表示するバッテリーhistorianツール。

JobSchedulerAPI。開発者がバッテリー消費の原因を特定して改善しやすく。


バッテリー Saver mode 。省電力モードで駆動時間を最大一時間半追加。



なにやらGoogleに抗議する人が。あとで言い分を調べて書きます。



ふたたびピチャイさん。Androidの進化について。6週間ごとにリリースされて、全バージョンのAndroidで利用できる Google Play Services。






Google Play配布アプリについても、それ以外についてもスキャンを実施。実際にはマルウェア被害は激減している、と強調しつつ、Lでの強化点について。

ユーザーがセキュリティやパーミッション設定をまとめて管理できる universal data controls追加。





ただのモバイルを超えたプラットフォームについて。ユーザーの環境を認識する文脈アウェア、自然言語を理解する音声コマンド、デバイスをまたぐシームレス性、スマートフォンですべて扱える Mobile First。

例としてウェアラブル拡張 Android Wear について。





Anroidスマートフォンユーザーは、平均で一日に125回画面をチェックする。このため、必要な情報をさっと確認できるAndroid Wearを開発した。






カードをめくって重要な通知をブラウズする。要らないものは横に弾く。Adroidスマートフォンと同じ。

スマートウォッチ側で確認して消した通知は、スマートフォン側でも同期して確認済みになる。





時計としてのフェイス(文字盤)もさまざまに用意。


声でリマインダを登録。帰宅したらポストを確認。



言葉を解釈して位置情報トリガーのリマインダに。


声で Keepにメモ。アプリ内容も同期。


声でGoogle検索。



着信通知に対して、プリセットでクイック返信。



声で音楽再生、再生中の曲チェック。


アラームのセットなども、携帯を取り出さずに直接声で登録。



必要なときにデジタル航空券を表示。スキャンして通常の紙チケットと同様に。



位置情報。バス停でバスの時刻表表示。




歩数計や心拍計も(対応デバイスの場合)。




(発表済みの Android Wear はすべて防水)


出前を取って支払い確認までのデモ。



LG G Watchは本日からPlay Store で発売。

サムスンの Gear Live も本日から注文可能



丸い液晶の Moto 360はこの夏発売。



続いて、車載 Android の Android Auto 発表。





自動車のダッシュボードから、クルマの一部のように操作できる。アプリは同期するスマートフォン上で動作。アプリ更新や追加、デバイスを変えれば車載システムも買い換えずにアップデートできる。



実車でデモ。








自然な会話コマンドで施設の営業時間を確認、目的地を指定してナビゲーション開始など。


Google マップを使ったナビゲーションのほか、声だけでテキストメッセージを送受信できるメッセージング機能もデモ。

SDKも提供。

プレリリース版を一部のパートナーに提供済み。アプリの例。


API はAndroid Wear と同じ。数行を追加するだけで、スマートウォッチなどウェアラブルでも、Android Auto の車載システムでもAndroidアプリと連携できる。


Open Automotive Alliance 加入パートナーからAndroid Auto 対応車やシステムが登場予定。




自動車に続いて、リビングルームに拡大するAndroidについて。





現在のテレビの状況は、自動車とどこか似ている。スマートテレビはあるが、会社ごとにOSも違えば開発モデルも違う。進化も速いが、テレビも自動車も毎年買い換えるわけにはいかない。ここを解決するために、と導入して......



Android TV 発表。






Android同様のホームボタン。放送は背景で流れたまま、カードで非常にシンプルなコンテンツやアプリ一覧。操作はリモコンでもスマートフォンでも。

声で好みの番組や俳優 etc を検索すると、ローカルや放送、ネットコンテンツを串刺しして検索。関連情報や番組を並べて表示。

「映画XXでXXを演じたのは誰?」といった質問にも自然に回答。






Android Wear のスマートウォッチもリモコンになります。



黒歴史 Google TV との大きな違いは、ゲームプラットフォームでもあること。


スマートフォンやタブレットで遊んでいる相手とオンラインマルチプレイも。





ゲームに加えて、Google Cast APIに対応。Chromecast の機能もそのまま含む。携帯で見ていたコンテンツをそのままテレビにキャストして表示など。



パートナー企業の一覧。NVIDIA、MediaTek、Qualcomm、インテルなどプロセッサメーカーのほか、シャープ、ソニーも参加。2015年モデルのソニーとシャープのスマートテレビはすべてAndroid TV対応。

Android TVはこの秋にリリース。テレビ組み込みのほか、セットトップボックスや単体のゲーム機としても登場する。







続いて、もっと敷居の低い Chromecast について。米国や英国、日本を含む各国でAmazonの電化製品ベストセラー。






外付けの Chromecast デバイスだけでなく、たったいま発表の Android TV など、Google Cast 対応デバイス、アプリが拡大。







新機能。Chromecast とスマートフォンを同じLANに接続していなくても使えるように。



友人のChromecast や対応テレビなどにも、まずWiFiパスワードを訊いて接続して~といった手間なく接続。「近くのデバイスに接続」を選ぶ。




続いて、アプリと接続していないときの背景写真を自前の写真やアルバムで置き換えられるように。この夏に提供。




さらに、Androidからの画面ミラーリングに正式対応!





独自プロトコルで、Google Earth やカメラのプレビューなども滑らかに表示。
(ただし遅延はそれなりにありそう。)



ミラーリングの送信側対応デバイス一覧。

ピチャイ先生に戻って、次は Chromebook。




米国を中心に、展開中の市場では急速に普及中。Amazon.comで高評価レビューのノートTop10、教育分野での採用率は6倍に拡大。



Androidと Chrome OS / Chromebook との連携強化、シームレスに。Androidスマートフォンでノートを自動アンロック。


Androidスマートフォンへの着信やメッセージはそのままChromebookのデスクトップへ。PCを離れず対応できる。

Androidのバッテリー警告など、通知もChromebookに表示。




続いて、Chromebook で Androidアプリが動くように!開発中の機能。



ミラーリング?のように、スマートフォン画面がそのままChromebookの画面にウィンドウ表示。スマートフォンアプリがノートのハードウェアを使える(カメラなど)。







Android L ではセキュリティ、エンタープライズ対応も強化。個人用のひとつのデバイスで、セキュリティや管理性を犠牲にせず会社用アプリやデータを隔離して使える。


Android 4.0 ICS以降のアプリが対応。サムスンが独自の売りにしていたセキュリティ機能 Knox の機能をAndroid標準へ。





エンタープライズセキュリティ共存機能は Android for Work。各社のデバイスがこの秋から認証取得。




続いて、エンタープライズ対応つながりで Google Slides 発表。ワード互換、Excel互換に続いてプレゼンもネイティブでOffice文書を編集できるように。






自慢のリアルタイムコラボ編集にも対応。


エンタープライズ対応の Drive for Work。管理性の向上、通信経路とサーバ上での暗号化 etc。



容量無制限。10ドル/ユーザー/月。


スタートアップや大手企業、教育機関での Google Apps 導入拡大。



本日この順で話が進んでおります。





事例ビデオ。




もっと開発者よりのクラウドサービスについて。








導入企業や事例の紹介。






CloudSave の紹介。




Developer Console の強化。クラウドアプリ開発での便利機能を概説。


(また反Google抗議を呼びかける人が出現。Googleが殺人ロボットを作って人間を脅かす云々。警備員に連れられて退場。)





Cloud Dataflow 発表。

エリック・シュミット氏が解説。(同名の別人)



引き続きクラウドアプリ / サービス開発者向けの解説。





ワールドカップ中の膨大なツイートデータのリアルタイム解析を例に説明。




続いて Google Play 担当者から。



テストサービスの Appurify を開発者に提供。




続いて、フィットネス / 健康管理プラットフォーム Google Fit のプレビューを発表。


複数のデバイスやアプリが取得したデータを集約。SDKは数週間以内に提供。






スマートウォッチももちろん大きな要素。



多数のパートナーが参加。




続いて Google Play Gamesの強化。




Googleの数え方によると、史上最も急速に普及しつつあるゲームプラットフォーム。過去6か月で1億ユーザーが参加。


実績やランキング、マルチプレイなどのバックエンドサポートをする部分のプラットフォーム。


新機能。プロファイル。実績やアンロックで獲得できるタイトル(肩書き)など、ゲーマーとしてのプロフィール。他のプレーヤーと比較 etc。ゲームプラットフォームとしては標準的な機能。



Saved Gameは、いわゆるクラウドセーブ。スマートフォンとタブレット、Android TV や対応ゲーム機などのあいだでセーブを共有。カバー写真やプレイ時間、進行度などの説明といったメタデータを付加して一覧しやすく。




クエストは、いわゆる「チャレンジ」。何日までに何をクリアすると~という課題。統一APIを用意。アプリをいちいちアップデートすることなく、動的にオンラインで期間限定イベントを提供できる。




昨年のI/Oから、、50億ドルも開発者の皆さんに払いましたよ、とアピール。



1年で2.5倍成長。

続いて出席者にはお楽しみお土産コーナー。




ファッ? 段ボール?(cardboard)。#cardboard のハッシュタグで詳しく!

追記:謎のCardboardは、段ボールで作るVRヘッドセット Project Cardboardでした。スマートフォンに専用アプリをインストールして、Cardboardに挿入する仕組み。




Android Wear も、LG G Watch か サムスン Gear Live のどちらか。および、Moto 360も出荷できしだい提供。


「良いカンファレンスを!」と開発者に挨拶して締め。


キーノートはここまで。お疲れさまでした。

加筆訂正に移ります。

Google I/O 2014 関連記事の一覧はこちら

2187 シェア
1075
482
158
93
379

Sponsored Contents