Google が開発者イベント Google I/O開幕キーノートの最後で突然配布した「Cardboard」(段ボール)の正体は、Androidスマートフォンを挿入して使う即席バーチャルリアリティ・ヘッドセット Project Cardboard でした。

Google は『Cardboard』の製作に必要な素材リストや型紙ファイル、アプリなどを無償で公開しており、手近な材料やオンラインで変える汎用素材から自前でVRヘッドセットを作って試せるようになっています。





VRヘッドセットといえば、Facebookが Oculus Rift の開発元 Oculus を約2000億円で買収したことが示すように、モバイルに続く次のプラットフォームになるのでは、ゲームはもちろんそれ以外の活用も見込めるのでは、と俄に期待が高まりつつある分野です。

Google が公開した Project Cardboard は、Androidスマートフォンのディスプレイを使い、左右分割した画面をレンズを通して覗くことで3Dの没入感を得るお手軽なVRヘッドセット。

公式サイトでは作成に必要な各種のファイルやアプリ、レンズや磁石など必要な素材の入手方法について説明しており、身の回りの材料(またはオンラインで買える汎用品)だけで作成できます。

必要なのは
  • 段ボール紙(できれば薄くて強いもの。長さ56センチ x 幅22センチ)
  • 焦点距離40mmのレンズ(できれば両面凸レンズ)
  • 磁石ふたつ
  • ベルクロテープ(いわゆるマジックテープ、裏面が粘着テープになっているもの)
  • 輪ゴム
  • オプションでNFCタグ(中身はURL cardboard://v1.0.0 に設定)
など。詳しい条件はリンク先の公式サイトへ。

フル対応するスマートフォンは、Nexus 4, 5, サムスンGalaxy S4、S5、Galaxy Nexus、モトローラMoto X。ほかHTC One や Moto G、Galaxy S3 など、Android 4.2以降の多くのスマートフォンが対応します。

純正のCardboardアプリに含まれるデモは、



Google Earth の上を飛ぶ Earth、(見かけ上は)大画面で没入するYouTube、360度パノラマ写真の Photo Sphere、ほか3Dオブジェクトを眺める Exhibit、ストリートビューの Street Vue、インタラクティブショートアニメ Windy Day など。

また実験的なSDKとドキュメンテーションも公開しており、自前でVRアプリを組んで試すこともできます。


なおスマートフォンやタブレットと手近な材料を使った手作りVRヘッドセットといえば、100円ショップ素材で作る FakeRift もあります。
Google、段ボール製の手作りVRゴーグル『Cardboard』を発表。Androidスマートフォンを装着
広告

0 コメント

広告