Google が、Adobe と共同開発した無料かつオープンソースのフォントファミリーNoto Sans CJK をリリースしました。

日本語、繁体 / 簡体字中国語、韓国語を完全にカバーするグリフ(字体)のバリエーションと7種類のウェイト(太さ)を備えるとともに、各言語のスタイルを合わせているため同時に使用しても統一感を損なわないとしています。





Noto Sans CJK のデザインにおいて、Google は全体のディレクションや要求仕様の策定などを、Adobe はデザインおよびフォント関連の技術などを提供しています。

また上の「骨」のように、言語によってデザインが変わる漢字すべてをサポートするには数万種類もの文字をデザインする必要があるため、日本語はイワタ、中国語はChangzhou SinoType Technology、韓国語はSandoll Communication という書体メーカーの協力を得ています。

加えて日本語の人名などに使われる異体字もサポートし、珍しい表記の苗字なども本来の文字で表示可能です。



Noto Sans CJK は、Google のNoto フォントサイトで配信中。Adobe はこのフォントをSource Han Sans フォントという名前で配信しています。

またフォントのソースコードはApache ライセンス2.0 下で使用可能です。SourceForgeGitHub で配信しています。

なおNoto フォントのNoto とはNo Tofu の略。PC などで表示できない文字がある際に代わりに表示される四角い箱(□)は豆腐と呼ばれており、その豆腐をウェブから駆逐するために生まれたのがノー・トーフ = Noto フォントです。豆腐だけに豆知識をお伝えして本記事を締めさせていただきます。
Google、オープンソースの日中韓フォントNoto Sans CJK を無料配信。Adobe と共同開発
広告

0 コメント

広告