Sponsored Contents

Corsairの最新記事

Image credit:
Save

Corsairが高速USBメモリFlash Voyager GTXを発売、リード最高450MB/秒で128GB版130ドル

Shingi Hashimoto
2014年7月18日, 午前09:20 in Corsair
98シェア
0
98,"likes":7
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


PC用メモリの老舗メーカーCorsair(コルセア)より、USB 3.0メモリFlash Voyager GTXが米国で発売になりました。容量は256GBと128GBの2種類で、価格はそれぞれ254.99ドルと129.99ドルです。日本でも同社製品を扱う販売代理店のリンクスインターナショナルに製品ページが用意されており、発売は近いと思われます。

特徴は、USB 3.0メモリとしては非常に高速な点。HDDとSSD用ベンチマークソフトATTO Disk Benchmarkで測定した連続リード速度は最高450MB/秒、連続ライト速度が最高360MB/秒と、一昔前のSSDを凌ぐ水準です。

Gallery: Corsair Flash Voyager GTX | 6 Photos

6




本機は仕様としてSSDコントローラを使用していることが公表されていますが、肝心なコントローラ自体は明記されていません。ただしCorsairの製品紹介ページにあるCrystal DiskMark(CDM)の測定結果(上図)で、ライト性能が190MB/秒まで低下している点がヒントになりそうです。

というのも、ATTOとCDMでのライト速度に大きな性能差があるコントローラとなると、ライト時にデータ圧縮を使うSandforce製コントローラにほぼ確定するからです。



また、コルセアのBlogには、これに加えてベンチマークソフトAIDA64を使い、同社のシリアルATA接続SSDであるForce LX、および同社製USB 3.0メモリで従来最速だったFlash Voyager GSとランダムリード速度を比較した結果も掲載されていますが、ここではFlash Voyager GTXはForce LXに迫る速度です。




加えてATTO Disk Benchmarkのライト速度でこの2製品と比較した結果もありますが、こちらはForce LXをも抜き去っている点が注目できます。

ちなみに上記2点のグラフではWindows 8.1がWindows 7より高速になっていますが、これは本機の最高性能を引き出すためには、UASP(USB Attached SCSI Protocol)に対応したUSBコントローラのドライバが必要になるという制限によるもの。Windows 8以上でないとUASPに対応しないため、相対的にWindows 7では速度が下がっているというわけです。

合わせて同社は、SSDコントローラを使うメリットとして、S.M.A.R.T.やTRIMコマンドといった、SSDメンテナンス用の命令が使える点も紹介しています。とくにTRIMは使い込んだ状態からの速度回復に効果的なので、このクラスのUSB 3.0メモリを使っているユーザーには嬉しいのでないでしょうか。



なお本体の大きさは、上図の向きに置いた状態で、幅78mm×高さ28mm×厚さ8mm。重量は約30gと、大柄ではあるものの、USBメモリサイズに収っています。また外装の素材はアルミニウム製で、保証も高級製品だけあり5年間と比較的長くなっています。

ちなみに、性能とコストパフォーマンスを他社製品と比べると、2月に発売されたSanDisk Extreme PRO USB 3.0では公称リード速度が260MB/秒、ライトでは240MB/秒。Flash Voyager GTXはリードで190MB/秒ほど、ライトでも120MB/秒ほど速い格好です。また、SanDisk Extreme PROの価格は128GBで199ドル99セントと、Flash Voyager GTXは(絶対価格はともかく)コストパフォーマンスでも有利です。

ただし、その性能と引き替えに、使い勝手という面では一般的なUSBメモリに比べて若干不利があります。例えば本体はUSB端子の左右にはみ出すタイプなので、ノートPCなどでは隣接する端子を塞ぐ可能性があります。さらにキャップもタイトル画像で確認できるようにシンプルな取り外し式で、使用時に紛失しないよう注意が必要です。



Flash Voyager GTXは最低容量128GBと敷居が高く、また価格だけ見ると、低価格SSDをUSB 3.0対応ケースに入れて使う方が安価になるぐらいの水準です。しかしUSBメモリサイズでSSD並に高速なドライブとして見ると、ほとんど比較対象のない製品となり得ます。そうした小型で高速なストレージが欲しいという場合の選択肢としては検討に値する製品でしょう。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: CORSAIR
Coverage: LINKS
98シェア
0
98,"likes":7
0

Sponsored Contents