明日7月19日から、幕張メッセで「宇宙博 2014 ―NASA・JAXA の挑戦」が始まります。主催はNHKと朝日新聞。本イベントは米航空宇宙局(NASA)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力により実現しました。会期は7月19日から9月23日まで、会期中無休。

米国外では初展示となる火星探査車キュリオシティNASA製作実物大モデル機や、実物大モデルのアポロ17号司令船、着水時に使用された実物のパラシュート、実際に内部へ入ることのできる国際宇宙ステーションISSのきぼう日本実験棟実物大モデルなど、特に実物大の展示内容が充実しています。

宇宙博2014

すべての写真を見る

338 枚


幕張メッセの会場とブース展開:約9000平方メートルを使った大規模イベント



会場は幕張メッセ10、11ホールに総数約500点を展示。宇宙開発の歩みから最新技術までを広く網羅した内容になっています。展示は「NASA展示エリア」「JAXA・国立天文台展示エリア」「火星探査展示エリア」「未来の宇宙開発展示エリア」「8Kスーパーハイビジョンシアター」の5エリアで構成され、国内外の宇宙技術を実物モデルなどを通して体験できます。

約9000平方メートルを使った大掛かりなイベントのため、事前にエリアマップを確認してからの入場をお勧めします。今回は5エリアのうち目玉展示が多い4エリアをご紹介します。

NASA展示エリア:NASAの有人飛行から宇宙探査までの歴史を感じる



NASA展示エリアは、NASAが歩んできた有人宇宙開発の歴史を実物大モデルなどで年代、宇宙計画の内容ごとに順を追って確認できます。



特に人気になりそうなのはアポロ計画で使用された月面車の実物大レプリカや実際に使用されたアポロ計画の宇宙服(A7L)など。古いものでもとても保存状態がよく、当時の宇宙開発がどのようなものか資料的にも価値のある展示になっています。

JAXA・国立天文台展示エリア:日本の宇宙開発技術における歴史と最新情報を展示から学ぶ



JAXAエリアでは、JAXAのほか日本を代表する宇宙開発技術と成果を紹介しています。



国際宇宙ステーションISSの一部である「きぼう」日本実験棟の実物大モデルやH2ロケットのエンジンなどを展示。きぼうの実物大モデルは中に入ることができ、微小重力環境や宇宙放射線などを利用した科学実験がどのような空間で行われているのかが分かります。

なお、ISSは地上約400キロメートル上空に建設された国際宇宙ステーション。米国、ロシア、欧州、カナダなど世界15か国が参加している国際協力プロジェクトで、日本はその一部のきぼうを開発して参加しています。

火星探査展示エリア:日本初展示の火星探査車「キュリオシティ」実物大モデルを近くで見る



このエリアの目玉は本展示会が初来日となる火星探査車「キュリオシティ」NASA制作実物モデル機です。キュリオシティはNASAが火星探査ミッションで使用する宇宙船「マーズ・サイエンス・ラボラトリー(Mars Science Laboratory、MSL)」が装備している探査機「ローバー」の愛称。2011年11月26日(米国西海岸時間)にMSLと共に火星へ打ち上げられ、現在も火星探査を続けています。

展示されている箇所はキュリオシティを中心に螺旋状にスロープが設けられており、自分の目の高さから、高い位置まで移動してキュリオシティの詳細を近くで見ることができるように工夫されています。

未来の宇宙開発展示エリア:宇宙エレベーターなど新しい宇宙開発技術に触れる



今後、技術開発と科学の発展によって宇宙はさらに身近な存在になると言われています。宇宙へもっと気軽に向かえるような宇宙開発技術がこのエリアで展示されています。
例えば乗るだけで宇宙へ行ける宇宙エレベーター。地球の軌道上から地上の赤道まで伸ばされた紐(テザー)の上をモーターの力でローラー駆動させる「クライマー」が昇降して地上と宇宙を行き来する次世代の宇宙交通機関です。会場のデモ機は、想定されるクライマーの大きさ30分の1、速度300分の1で動く姿が見られます。

入場時間は全日程午前9時30分から午後5時。なお、前売チケットは本日7月18日までの販売で一般2200円。明日19日からは当日チケットで一般2500円。チケット区分など詳細は下記または公式ページでご確認ください。
【宇宙博2014 NASA・JAXAの挑戦 開催概要】
  • 会 期:2014年7月19日(土)から2014年9月23日(火・祝)※会期中無休
  • 入場時間:午前9時30分から午後5時 ※入場は閉場時間の30分前まで
  • 会 場 :幕張メッセ 国際展示場 10、11ホール
  • チケット(当日):一般 2500円、高校・大学生 1500円、小・中学生 900円、未就学児 無料
  • チケット(団体/前売):一般 2200円、高校・大学生 1200円、小・中学生 800円
    ※団体料金は有料20人以上
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1人は無料。
    ※前売券は公式サイトや各種プレイガイドなどで7月18日までの販売
  • 問い合わせ窓口:03-5777-8600(ハローダイヤル)
  • 公式サイト :宇宙博2014 NASA・JAXAの挑戦(http://www.space-expo2014.jp
宇宙博2014、幕張メッセで7月19日から開催。NASAやJAXAから約500点の展示
広告

0 コメント

広告