Sponsored Contents

au 4g lteの最新記事

Image credit:

WiMAX 2+ / WiMAX / au LTE対応ルーター Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15は8月1日発売。ハイパワー対応、クレードル有り

Hiromu Tsuda , @boobyn
2014年7月22日, 午後01:30 in Au 4G Lte
355 シェア
129
83
7
2
134

連載

注目記事

人気記事



UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+、WiMAX、auのLTE網に対応したHuawei製のモバイルWiFiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」を8月1日より発売します。

HWD15は、WiMAX 2+のサービス開始とともに唯一の対応機種として登場したトライブリッドモデル「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」の後継機。今回別売ではあるものの有線LAN対応のクレードルを用意し、モバイルルーターとしてもホームルーターとしても活用可能です。

Gallery: Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15 | 26 Photos




発売当時、再接続できない上にスリープ復帰できない病を発症した初代WiMAX2+対応トライブリッドモデルHWD14。再発はないと期待したい2代目トライブリットモデルのHWD15ですが、HWD14では見送られたWiMAXハイパワーに対応(受信感度が向上)、動作時間の向上、クレードルをラインナップするなど変更点があります。

通信速度は理論上、WiMAX 2+で下り最大110Mbps、WiMAXで下り最大40Mbps 、LTEで下り最大75MBpsとなります。このうちWiMAX 2+はハイスピードモード(WiMAX 2+ / WiMAXモード)時、課金開始から25カ月間は毎月の通信量制限(7GB)が適用なしで利用可能です。



ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+ / LTEモード)の場合は7GB制限の対象となりますが、WiMAXはこれまで同様に7GB制限はありません。ただし、WiMAX 2+対応エリアではそちらに帯域をとられるため、通信速度は下り最大10Mbpsとなる場合があります。ちなみにLTEの対応周波数帯は、auの800MHzおよび1.5GHz帯。

バッテリー容量は3000mAhとHWD14と同じ容量ですが、HWD15の通信時間はWiMAX 2+で約10時間50分と、HWD14の9時半を上回ります。大きさは約64 x 104 x 14.9mmで、重さは約140g。約62 x 100 x 15.5mm / 140gのHWD14とさほど違いはありません。7月25日よりスタートする公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」もサポートします。

利用料は従来通り、2年契約時に月額3696円(税抜)。LTEを利用する場合は利用月のみ月額1005円(税抜)を加算します。さらにauスマートフォンとの契約で毎月743〜934円の割引が受けられる「auスマートバリュー mine」も利用可能です。

355 シェア
129
83
7
2
134

Sponsored Contents