ヤフーは本日、スマホ向けアプリ「Yahoo!カーナビ」の提供を開始します。

ヤフーカーナビはスマホ向けの無料カーナビアプリとしては国内で初めて、VICS(道路交通情報通信システムより配信される渋滞や交通規制などの道路交通情報)に対応。リアルタイムの渋滞情報や交通規制情報をもとに、回避ルートを音声と地図で案内します。

現在、記者発表中です。速報でお伝えします。(更新中)

Yahoo!カーナビ発表会

すべての写真を見る

42 枚



Yahoo!カーナビの狙いと今後の展開:純国産のナビゲーションアプリを開発、海外勢に対抗する意気込みを表明




冒頭でシステム統括本部 マップイノベーションセンター長 石田 幸央氏より、ヤフーがなぜカーナビ事業に進出するのか背景が説明されました。



ヤフーの独自調査によると、平均的な日本人の移動時間のうち86%は車。東京23区こそ50%ですが、政令指定都市では78%、都市近郊市で90%、地方市郡町村は94%となっています。家の中でスマホやPCを操作するだけではなく、車空間にヤフーが進出するべきと考えたとのこと。




ヤフーカーナビの潜在市場規模を約1700万ユーザーと試算。この根拠は国内の車載カーナビ利用率を推定したもの。運転をするドライバーの課題解決をおこなっていくとその方向性を位置づけます。



本サービスのリリースにあたり、東芝、住友電工システムソリューション、e燃費、JAF、IMJグループ、タイムズ24(24Times)、三井のリパークなど多くの日本企業と協力体制を構築しました。



純国産のサービスを開発して海外製のカーナビに対抗。海外勢から国内シェアを奪還し、車空間でのスタンダードを目指します。

Yahoo!カーナビの機能詳細:新しいマップとナビゲーションシステムを開発。音声エンジンは東芝製を採用




続いて、システム統括本部 サービスマネージャー 兵藤 安昭氏よりサービス概要の説明が行われました。




まず、ヤフーカーナビが目指すのは「安心、安全」なサービス。ヤフーと協力企業からなる正確な情報にもとづく安心、安全なルート案内を行い、高機能な総合ナビゲーションサービスを無料で提供します。



市販カーナビと同等の高品質なイラストナビゲーションを実現。道路のレーン情報や分岐イラストなどが立体表示され、的確でスムーズな運転を実現するとうたいます。
なお、音声ナビゲーションは東芝のエンジンを採用。画面表示におけるナビゲーションだけではなく、音声ナビゲーションの強化を図っています。

道路渋滞、規制情報の表示とナビゲーションには道路交通情報通信システムVICS(Vehicle Information and Communication System)を採用。VICSは多くの日本製ナビゲーションシステムが対応していますが、 VICSに頼ったカーナビは機能に限度があります。そこで、ヤフーカーナビは今後、車が移動することによって得られる位置情報の解析に基づき、最新の道路規制情報の提供を次の戦略として想定しています。利用ユーザーが増えることで位置情報を詳細に取得。また、VICSや位置情報でも提供できない細かな道路情報はユーザーからの投稿で補うことなどを検討しています。




付帯する周辺施設検索機能も充実。約2万4000か所の時間貸し駐車場のリアルタイム満車・空車情報、ガソリン価格情報を反映したガソリンスタンド検索、約3万1000か所のJAF優待施設の検索などを搭載します。対応OSはiOS6.0、Android4.0以上のスマートフォンで、タブレット向けは現在検討中とのこと。アプリ月額利用料、ダウンロード無料。

質疑応答:なぜヤフーがカーナビ事業へ参入したのか。競合対策や今後のサービス展開について




Q: Google Mapとの差別化は?戦略があったら説明いただきたい。

A: Google Mapとの競合に関しては意識している。ヤフーカーナビは日本独自の情報、特に交差点の表示、高速道路の入り口のグラフィカルな数字、きめ細やかな音声案内に特徴を持たせて対抗していきたい。

Q: ベースとなっている地図はYahoo!地図と全く同じなのか、それとも別なのか?

A: Yahoo!地図とは違うシステムでありサービス。ベースのネットワークに関しては住友電工より提供を受けている。

Q: 出発地点は自分の現在地点しか設定できないようだが。経由地が設定できないなど他にも気になる点があり、ナビゲーションシステムとしての機能は弱いように感じる。

A: 本サービスは車の中(ダッシュボードなど)に設置されているスタンドを使うことを想定。現在は出発点の設定は現在地のみになっている。また、指摘の通り経由地も今のところ設定できない。今後、ユーザーの声を聞いて機能を追加していきたい。

Q: アプリの開発費用はどのくらいか。​また、有料サービスを追加予定なのか。無料提供だが、ヤフーにとって収益源となるサービスとして成長すると考えているのか。その場合の収益目標は?

A: 開発費に関しては非公開。ビジネスモデルに関しては、使えば使うほどお得になるサービス(クーポン機能など)、ユーザーと店舗にメリットが出るビジネスモデルを検討していきたい。
まずはユーザーを多く獲得することを目標としており、 有料サービスに関しては検討している。例えば、ジャンル別の機能のみは有償で提供し、標準機能であるナビゲーションシステムは無償とする。ジャンル別機能は、声優の声を使ったナビなどを考えている。

Q:モバイルデバイスはさまざまな種類があり、画面の大きさも多様である。ドライバーはどの程度の距離でこのカーナビ画面を見て使用すると想定しているのか?市販のカーナビゲーションよりも文字が小さく、配慮が弱いと感じる。

A: 目的地を設定したり情報を検索する時はスマホを手に取り、ナビゲーション時は(スマホをダッシュボード上などの)ホルダー付けて使用することを想定している。車が走りだすと文字は大きくなるが、表示機能を強化するよりも音声ナビゲーションの機能を向上してその不足分を補っていきたい。

画面表示に関してはユーザーの視認性を考慮し、渋滞情報を赤で表示するなど市販のカーナビ表示に準拠している。なるべく大きな画面の物を使っていただければ使いやすいとは思う。

Q: タブレット版の提供予定はあるのか?

A: 別のアプリとして提供を考えている。スマホ版と同等ではなく、高速モードや別の地図表示など別機能を付加することも想定している。

Q: サービス利用において、データ通信はどの程度の頻度発生するのか。また、走行前にナビゲーションデータをDLした後はスマホのデータ通信をOFFにすることは可能か。

A: 現在のところ、地図データとナビゲーションデータに使用する道路ネットワーク情報をダウンロードする際に通信が発生する。取得データの範囲はピンポイントではなく、現在地から設定した目的地に応じてある範囲で取得する。車が走行し、取得が完了したデータ範囲を超えると新しいデータをダウンロードする。基本的には通信しながらナビゲーションをしていくため、データ通信OFFでは利用できない。ただし、音声案内はデータ通信がOFFの場合も継続する。

Q: ヤフーはユーザーからどのようなデータを取得するのか。Yahoo!IDでログインすることで、ユーザーを捕捉するのか。

A: Yahoo! IDログインはまず、VICSを使用するために必須で、アプリを起動するとログイン画面が起動する。なお、ヤフーが蓄積するデータは個人が特定できない状態のログとして送信される。将来的にはそのデータで渋滞情報を生成するなどを想定しており、ユーザーが望む形でサービスデータを提供したい。
速報:スマホ向け「ヤフーカーナビ」発表。無料でVICS渋滞・規制情報をリアルタイム提供
広告

0 コメント

広告