Sponsored Contents

4Gの最新記事

Image credit:

au、HTC J butterfly HTL23 発表。13MPデュオカメラで深度判別、後からピント合わせ。前面カメラ5MP

Hiromu Tsuda , @boobyn
2014年7月31日, 午後02:00 in 4G
601 シェア
277
220
0
104

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View


KDDIは、HTC製のAndroid 4.4 KitKat搭載のスマートフォン HTC J butterfly(HTL23)を発表しました。8月下旬発売。価格は未定。

HTCといえばauの元祖コラボスマートフォン。今回の発表により、LG の isai FLに加えてHTC J butterflyもコラボモデルとなります。新モデルは HTC One M8 のように深度センサつきのデュオカメラ搭載、JBLのインイヤーヘッドフォン、デュアルフロントスピーカーなどを装備。ハイレゾ音源にも対応します。




HTC J butterfly(HTL23)は、HTCが日本市場に向けに開発したau限定モデル。ユーザーインターフェイスはHTC Sense 6。IPX7クラスの防水、防塵性能を搭載し、外部テレビケーブル接続が必要ではあるものの、フルセグ視聴も可能です。M8はアルミボディを採用していますが、HTL23は樹脂ボディを採用。

メインのデュオカメラは、13MPと2MPカメラ(深度計測用)となり、2つのカメラで撮影した写真には被写体間情報(距離情報)を保存、奥行が判断できます。これにより、普通にカメラで撮影し、撮影した写真について後からピントと被写界深度が選べるようになっています。M8のカメラは4MPでした。

画像の距離データがあるため、二人の被写体の間に切り抜いた別の画像をペーストするといった使い方ができます。被写体の背中から羽根が生えている、といった天使化する加工もできるとのこと。

なお独自仕様となるためHTC側で情報を非開示としており、アプリ開発はこの情報を使えません。なお、ディスプレイ側のカメラも5MPで広角寄りのレンズを搭載。自分撮りでも高画質をうたいます。



ディスプレイは約5インチ フルHDのsuperLCD3を装備。今回、オプション品としてラインナップするドットビューケースと組み合わせると、ディスプレイを保護しながら、ドット画タッチの表示が可能。このケースはM8にもありました。ドットをタッチするとディスプレイを起動し時間などが確認できるほか、電話もそのままとれます。近接センサーを搭載しているので、電話がかかってきて受話器を耳に近づけると自動的に着信応答可能です。

試供品のJBL製イヤホンはフラットケーブルを採用し、カラーはauオリジナルのオレンジ色。従来モデル同様、デュアルフロントスピーカーによって大音量で音楽を楽しめます。

CPUは4コア 2.5 GHz クアルコム製のMSM8974ac。メモリ2GB、内蔵ストレージは32GB 。外部メモリとして最大128GBのmicroSDXCカードに対応。バッテリーは2700mAhで、動作時間は待受約430時間、通話時間約1010分。

通信はキャリアアグリゲーション対応の 4G LTE(下り最大150Mbps )、およびWiMAX 2+に対応。WiFi(802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0.赤外線通信、おサイフケータイ、NFC対応。

大きさは約70 x 145 x 10mm。ボディカラーはルージュ(赤)、インディゴ(青)、キャンバス(白)。

601 シェア
277
220
0
104

Sponsored Contents