Sponsored Contents

3d printingの最新記事

Image credit:

動画:ディズニー、あらゆる形の物体をコマにするアルゴリズムを開発

Takuro Matsukawa
2014年8月11日, 午後08:50 in 3D Printing
838 シェア
303
383
0
152

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

任天堂スイッチに隠しファミコン エミュ、故 岩田聡氏の命日に「直接!」で『ゴルフ』が起動

任天堂スイッチに隠しファミコン エミュ、故 岩田聡氏の命日に「直接!」で『ゴルフ』が起動

View
PS4 Proにモンハン:ワールド同梱限定版『リオレウス エディション』、12月7日発売
6

PS4 Proにモンハン:ワールド同梱限定版『リオレウス エディション』、12月7日発売

View


ディズニーの研究部門ディズニーリサーチが、あらゆる形状の物体を安定して回るコマにするアルゴリズムを開発しました。動画ではティーポットや象など様々な形のコマを回しています。




このアルゴリズムは、コマにする物体の3D モデルと任意の回転軸の位置を元に、回転時の慣性モーメントを算出。その結果を元に、回転時にバランスが取れるよう内部の一部が空洞になった3D モデルを作成し、3D プリンタで出力します。



空洞化だけではバランスが取れない場合は、外観のシームレスな変形や、空洞化した内部に適切な形の金属パーツを入れる複合素材化で対応します。



このアルゴリズムは回転するもの全般に適用できるため、動画ではコマのほか左右非対称な形のヨーヨーのデモも披露しています。この技術を活用したおもちゃがディズニーストアに並ぶ日も近いかもしれません。

論文ではコマやヨーヨーといった回るオモチャのみならず、慣性モーメントの制御手法は機械部品やロボットなどの動きの安定化・最適化にも応用でき、消費エネルギーやコストの削減にも貢献できるとしています。

ディズニーリサーチは今回の研究のほかにも、表示しているモノの手触りが伝わるタッチディスプレイなど、幅広い分野で研究をおこなっています。興味のある方はリンク先ディズニーリサーチのサイトへ。

838 シェア
303
383
0
152

Sponsored Contents