Sponsored Contents

192KHzの最新記事

Image credit:
Save

コウォン初のポータブルハイレゾプレーヤー PLENUE 1発表。192kHz/24it およびDSD5.6MHz対応

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年8月12日, 午前09:02 in 192Khz
69シェア
0
69,"likes":6
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

コウォンジャパンが、ハイレゾ対応のポータブルオーディオプレーヤー PLENUE 1 を発表しました。DAC は音質に定評のあるバーブラウン PCM1794A を搭載。192kHz/24bit までの FLAC、AIFFに加え、DSD 5.6MHz、DXD 352.8kHz/384kHz の再生に対応します。
 

Gallery: Cowon PLENUE 1 | 5 Photos

5

 

DAC チップそのものはマランツの据置型プレーヤーなど、高級機への採用実績があり、DSD にも対応します。PLENUE 1では DSDの再生については24bit/176.4kHz のPCMに変換しての再生となります。また、DXDは、1/2にダウンサンプリングして再生します。

ディスプレイには3.7型 480 x 800px の AMOLED タッチパネル、CPU にはデュアルコアの Cortex A9 1.2GHz を搭載。ファイルサイズの大きなハイレゾ音源のため、内蔵ストレージ 128GB に加え、microSDXCカードで最大128GB を追加可能。合計 256GB にまで拡張できます。

再生可能なファイル形式は、ハイレゾ音源は DSD 5.6MHz、DXD 352.8kHz および384kHz、192kHz/24bit までの FLAC および AIFF に対応。非ハイレゾ音源は WAV、MP3、OGG、WMA、APE の各ファイル形式に対応します。

音質のコントロールには、10バンドイコライザーやリバーブ、コーラスなどによりサウンドをきめ細かく補正/調整する JetEffect 7 、位相補正などの音声明瞭化技術 BBE+ を搭載。50種類のリファレンスプリセットに加え、4つのユーザープリセットを設定可能です。ほか、ギャップレス再生や、トラック間の無音部分をカットする「サイレンス削除機能」などを備えます。

PLENUE 1 のオーディオ特性は SN比 120dB、THD+N(全高調波歪み率+雑音)特性 0.0006%、ステレオクロストーク-134dB。

入出力は、ヘッドホン出力、光デジタル出力のほか、音楽ファイル転送用の USB2.0 x1。

内蔵バッテリーによる連続再生時間は最大約8時間半。充電時間は約4時間。

大きさは、横64.5 x 縦116.4 x 厚み13.4mm。重さは173g。カラーはチタニウムブラック。

発売時期は9月中旬。オープン価格ですが、直販サイトでは税込12万8000円。

ハイレゾ再生が可能なポータブルプレーヤーは、ソニーのウォークマンNW-F880シリーズの2万円台から Astell & Kern AK240 のように約30万円のものまで幅広く揃ってきました。PLENUE 1 は上位機種として DAC や CPU に高性能パーツを使いつつも、DSD の再生を PCM 変換で対応するといった割り切りもあり、音と価格のバランスをとった製品と言えそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

69シェア
0
69,"likes":6
0

Sponsored Contents