Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

Android版 Google+ がChromecastに対応。フィードの写真や動画をスライドショー表示

Ittousai , @Ittousai_ej
2014年8月13日, 午後10:49 in Android
152 シェア
24
64
0
64

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事



Android版の Google+ アプリが Chromecast に対応しました。フィードをスライドショーにして、写真や動画、リンクをHDMI接続のテレビなどに表示できます。



Chromecast 表示の使い方は、アプリを開いて右上のキャストボタン(「電波とテレビ」的アイコン)を押し、飛ばしたいデバイス(この場合はChromecast)を選ぶだけ。

Google+ のフィードが1ポストを1画面として、写真がついていれば写真、ウェブリンクが含まれていればリンク先の画像を全画面に、投稿者名とタイトルつきスライドショーとしてテレビに表示されます。投稿に複数の写真が含まれていればそのままスライドショーとして見たり、動画は手元で再生を選べば全画面表示が可能。

標準では公開ポストのみをキャストしますが、オプションで限定公開のポストも大画面に表示可能。投稿者は相手を選んだつもりが衆人環視の大画面に映してしまうことを回避するデフォルト設定のようです。

Google+アプリからキャストを選んだ時点で手元デバイスの画面はスライドショーリモコン的な表示に切り替わり、通常のアプリUIに戻っても、テレビではそのまま非同期にフィードのスライドショーが続きます。デバイス側でアプリを切り替えたりホームに戻っても、Chromecast との接続を解除するか別アプリをキャストするまでGoogle+フィードのスライドショーは継続します。


個別ポストの中身をアプリ側で開いてもテレビにテキストが表示されるわけではないため、テレビでフィードを読んで消化するというよりは、写真をメインにブラウズや放置スライドショーをする使い方を想定しているようです。

(Chromecast はつい先日 一部のAndroid端末からの画面ミラーリングにも対応したため、どうしてもテレビの画面で個別ポストの中身の文章ややコメントなどを読みたければミラーリングで対応できないこともありません。通常はデバイスの画面で読んだほうが楽です。)

Google+のアップデートではこのほか、Android 4.3以上の一部の端末で、Auto Awesome(「おまかせビジュアル」) 動画の編集機能なども加わっています。

関連キーワード: android, Chromecast, google, GooglePlus
152 シェア
24
64
0
64

Sponsored Contents