Sponsored Contents

Danboardの最新記事

Image credit:
Save

プラネックス、ダンボーUSBハブ『DANBOARD USB HUB』発売。リボルテックの胴体と合体可能、2200円

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年8月21日, 午前10:00 in Danboard
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


プラネックスコミュニケーションズは、人気マンガ『よつばと!』に登場する段ボール製ロボット「ダンボー」の4ポートUSBハブ「DANBOARD USB HUB」(DB-HUB1)を発売します。8月21日10時半頃よりAmazonで予約販売を開始し、発売は8月26日。価格は2200円(税込)。

キャラクターモノの4ポートUSBハブとなりますが、海洋堂の『リボルテックダンボー』のジョイントを搭載。ダンボーの胴体を装着してあれやこれやと楽しめる仕様になっています。

Gallery: DANBOARD USB HUB | 11 Photos

11



ダンボーといえば、Amazon版やCheeroのモバイルバッテリーとのコラボモデルなども登場しており、若干の今更感は否めないものの、今回のダンボー製品はUSBハブ。さまざまなUSB機器が接続可能なため、ダンボーをUSB機器で強化するような感覚で使えます。




底面部に海洋堂のリボルテックダンボーで使用しているジョイントがあるため、リボルテックダンボーの所有者は胴体を装着可能です(サポートはプラネックス側)。胴体を装着したままUSBハブとして使えるので、USB扇風機やWebカメラといった機器の組み合わせによって、思わず写真を撮りたくなるような強化型ダンボーにカスタムできます。

製品の監修はよつばスタジオ。パッケージなどのデザインもダンボーを取り巻く世界観を壊さないよう配慮しています。とはいえ、製品としてはUSB2.0 /1.0バスパワー対応のいたって普通の4ポートハブです。なかなか眼が光るUSBハブは見かけませんが、眼の光らないダンボーなんてダンボーじゃないとも言えるかもしれません。大きさは70.9 x 49 x 46mm、重さは約66g。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Amazon
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents