Sponsored Contents

isetanの最新記事

Image credit:
Save

ライカがピンク色の『ライカC Pink Gold』を100台限定販売。伊勢丹新宿店メンズ館とコラボ

Shingi Hashimoto
2014年8月26日, 午前06:30 in Isetan
1シェア
0
1,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


「意外」と言うべきか、はたまた「らしい」と言うべきでしょうか。このパステルピンクが目立つKawaiiジャパン的なデジカメは、ライカの限定製品。フェイクか何かの冗談か? と思われた方もおられるでしょうが、右上のライカロゴは本物です。

これは、伊勢丹新宿店メンズ館とのコラボレーションモデルとなる『ライカC Pink Gold』。価格は9万9360円(税込)。100台の限定モデルです。発売は9月10日ですが、伊勢丹とのコラボ製品だけあり、まずは『イセタンメンズ レジデンス』こと伊勢丹新宿店メンズ館8階のライカコーナーで先行発売されます。

Gallery: Leica C Pink Gold | 4 Photos

4



とくに年長のライカ派の一部にはかなりの衝撃をもたらすのでは、と思われるほどの色ですが、ベースとなっているのは、2013年10月に発売されたライカCのライトゴールドモデル(上記写真)。本体の外装としてピンクのレザーを巻いた構造になっていますが、外装以外の基本仕様はライトゴールドモデルと変わりません。

ベースモデルとなったライカCは、1/1.7インチ1210万画素のMOSセンサーと、F値2.0~5.9の7倍ズームレンズ(35ミリ換算で28~200ミリ相当)を搭載したコンパクトデジタルカメラ。約20万画素のEVF(電子ビューファインダー)も搭載した高級モデルで、NFCやWi-Fi転送機能も備えています。

基本設計はパナソニックのLumix LF1と共通ですが、アウディのデザインチームによって外装デザインに大きく手が入れられており、赤丸のライカロゴや段差のあるトップカバーなど、ライカMシリーズ的な意匠が上手に盛り込まれています。



本体の外形寸法は約103×63×28mm(幅×高さ×奥行き)、重さは約195g(バッテリーとSDメモリーカード含む)と、ライカ製品としては小型軽量。配色に惹かれた女性が使っても十分な軽さでしょう。

また、通常モデルとの価格差ですが、原稿執筆時の通常モデル実売価格はヨドバシカメラで8万8550円(ポイント還元は5%)。単純価格差では1万円程度ということで、「ライカの限定モデル」という響きの割にお手頃感さえ漂う印象です。



さて、冒頭では「(ライカ)らしいと言うべきでしょうか」と記載しましたが、実はライカは半定期的に、 何を思ってか 意外すぎるほど意外な印象の限定モデルを発売するメーカー。最近の代表としては2010年7月にライカ二子玉川店で50台限定の発売となった『ライカ C-LUX3 ちびまる子ちゃんモデル』(上記)が挙げられます。この意外さに比べれば、ピンクの外装もそこまで意外ではないように思えてきます。

また、ライカと伊勢丹メンズ館とのコラボという点では、伊勢丹新宿メンズ館10周年記念として、ライカX2にコブクロの小渕健太郎氏がデザインした限定モデルを昨年8月に発売しています。

熱心なファンを持つメーカーが、突如として変わったカラーリングの新製品を投入するという点では、ブラウン管時代のiMacで突如登場し、Appleファンの一部を阿鼻叫喚の渦に巻き込んだカラーバリエーション『フラワーパワー』を連想する方もおられるでしょう。

伊勢丹メンズ館を問わず、日本でのカメラ店のライカといえば、良くも悪くもいぶし銀と黒、そしてライカロゴの赤が中心となった、一見が近寄りがたい雰囲気があるのですが、その中に本機のピンクが投入されるとどういう雰囲気になるのか、非常に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

いずれにせよ、こうした路線がファンに受け入れられるのかといったあたりを含めて、ライカ派以外にも注目モデルになりそうな一品です。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1,"likes":0
0

Sponsored Contents