Sponsored Contents

asusの最新記事

Image credit:
Save

ASUS MeMO Pad 7 ME170C 発表。1024x600液晶、2コアAtomの低価格Android タブレット

Takuro Matsukawa
2014年9月17日, 午後04:39 in Asus
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

ASUS がAndroid タブレットの新製品MeMO Pad 7 (ME170C) を発表しました。今年6月発売の同名製品MeMO Pad 7 (ME176C) から、画面解像度やプロセッサ、ストレージ量などを落として価格を下げたエントリーモデルです。




176C と170C の主な違いは、ディスプレイが1280 x 800 IPS に対して1024 x 600 (パネル未発表)、プロセッサが4コア4スレ最大1.86GHz のインテルAtom Z3745 から、 2コア4スレ1.2GHz のAtom Z2520へ。ストレージが16GB と 8GB、カメラが前面2MP/背面5MP と0.3MP/2MP。

センサ類は176C のGPS (GLONASS サポート)、電子コンパス、加速センサ、磁気センサの4種類に対し、170C はGPS (GLONASS サポート)と加速センサの2種類。

またOS も176C はAndroid 4.4 ですが170C は4.3です。なおともにUI にはASUS 独自のZen UI を採用します。

ほか1GB RAM、802.11b/g/n WiFi (Miracast 対応)、Bluetooth 4.0、microUSB x 1、microSDXC スロットx 1、マイク・ヘッドフォンコンボジャックの搭載は共通です。

寸法と重さは、176C が189.3 x 113.7 x 9.6 mm、295g。170C が192 x 110 x 10.7mm、285g。

バッテリー駆動時間は170C が10時間と、176C から1時間伸びています。

ASUS MeMO Pad 7 ME170C は2014年9月20日(土)発売予定。予想実売価格は税別1万3750円。176C の希望小売価格は税別1万8500円なので5000円ほど安価です。

また170C 専用カバーも9月下旬に発売します。予想実売価格は税別1980円。カラーはブラック、レッド、ブルーの3色。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: ASUS
関連キーワード: asus, ME170C, memo pad, memo pad 7
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents