Sponsored Contents

audioの最新記事

Image credit:

ソニー 新ウォークマンA16 / A17インプレ。気軽にハイレゾ、microSDXC対応。「Xperia Z3とは段違い」

Takahiro Koguchi
2014年9月26日, 午後03:24 in Audio
462 シェア
217
1
39
40
165

連載

注目記事

人気記事



ソニーは ウォークマン 新Aシリーズ NW-A16 / NW-A17 を11月8日に国内発売します。発表ハイレゾリューション オーディオ製品発表会の会場で製品に触れてきたので、早速インプレッションをお届けします。製品の発表記事もあわせてご覧ください。

ウォークマン 新Aシリーズ NW-A16/NW-A17は、ハイレゾ音源対応音楽プレーヤーとして世界最小・最軽量を謳うモデル。A16では32GB、A17には64GBのストレージを備えるほか、128GBまでの microSDXCカードによる容量追加にも対応します。

Gallery: Sony Walkman A16/A17 Hands on | 14 Photos


主な仕様は、2.2インチ 320 x 240 TFTカラー液晶、Bluetooth、NFC、対応コーデックはMP3 / WMA / ATRAC / ATRAC Advanced Lossless / リニアPCM(WAV) / AAC / HE-AAC/ FLAC / Apple lossless / AIFFなど。音楽だけでなく写真やFMラジオ、ビデオ、ポッドキャスト再生に対応。本体サイズは48mm x 109mm x 8.7mm(幅・高・厚)、質量は66g。

ストレージ容量は NW-A16 が32GB、 NW-A17 が64GB。

カラーは NW-A16はローズピンク/シルバー/ブルー/ブラックの4色展開。NW-A17 はシルバー/ブラックの2色展開。


ボディは、円を描くヘアライン加工が施されたアルミ製。

いざ手に持ってみると、手に収まるコンパクトサイズ。ポケットに入れても目立ちません。タッチパネルではなく物理ボタンによる操作で程よいクリック感があり、ポケットに入れたままの操作も快適です。イヤホンジャックは底面にあります。

背面にはソニー製品ではもはやおなじみと言えるNFCロゴ。NFCを利用してBluetoothヘッドフォンやオーディオコンポとワンタッチでペアリングできます。


側面には、音量ボタン・ホールドキー・microSDスロット。

ウォークマンとして初めて microSD に対応したのも嬉しいポイント。64GBストレージのNW-A17の場合、128GBのmicroSDXCと組み合わせて、最大192GBストレージを確保できます。ファイルサイズが大きいハイレゾミュージックを1200曲ほど保存できる計算です。(1曲160MBとして計算)



ハイレゾ(ハイレゾリューション、高分解能)音源とは、従来よりも情報量の多いデジタル音源の総称。より原音に近く、CDやMP3などでは聞こえない「音の繊細なニュアンス」や「空気感」が再現可能とされています。ハイレゾ音源として配信されるデータやハイレゾ対応をうたう機器の具体的な対応フォーマットや仕様はメーカーや製品により異なりますが、JEITAの定義によれば、CD (44.1kHz/16bit)やDAT/DVD(48kHz/16bit)を上回る情報量を持つ音楽データならばハイレゾ音源されています。

下記グラフは、従来音源(左)と、ハイレゾ音源(右)の音データを比較したもの。

高周波側(グラフの右端)を見るとわかりやすいのですが、従来音源(左)では、高周波側の音データが抜け落ちているのに対し、ハイレゾ音源(右)では高周波側もしっかりと保持されています。


また本製品は、圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE-HX」を搭載。ハイレゾコンテンツがなくても、手持ちのMP3やAACをハイレゾ音質で楽しめます。

あくまで補完ではありますが、ハイレゾコンテンツの普及はこれからという状況の中で、手持ちの音源を「ハイレゾ相当」の音質で楽しめるというのは、ユーザーにとって喜ばしいこと言えます。

追記:なお、ソニーによると、A16/A17付属のイヤホンは、残念ながら「ハイレゾ音源には対応していない」とのこと。

日本オーディオ協会の定義によれば、スピーカー・ヘッドホンの高域再生性能が40Khz以上であればハイレゾ対応とされており、今回ソニーから、ハイレゾ対応を謳うイヤホン・ヘッドホンの新製品が登場しています。

ソニーからハイレゾ対応イヤホンXBA-A3 /A2、BA x2+ダイナミックのハイブリッド3WAYドライバー搭載



なお取材中、同じくハイレゾ音源に対応する「Xperia Z3」との音質差をソニー担当者に尋ねてみました。回答は「NW-A16/NW-A17は、フルデジタルアンプ"S-Master HX"を搭載するため、同じハイレゾでもXperia Z3とは再生可能な情報量は段違い。最近はスマホと高いイヤホンを組み合わせている人もいるけど、高いイヤホンを使うなら、是非ウォークマンを」

発売日は11月8日。税抜きの市場推定価格はNW-A16が2万5000円前後、NW-A17が3万4000円前後。


 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
関連キーワード: audio, DAP, SONY, walkman
462 シェア
217
1
39
40
165

Sponsored Contents