Sponsored Contents

canonの最新記事

Image credit:
Save

キヤノン、EOS 7D Mark IIの一般向け体験会を28日まで開催。チアリーディングの撮影や技術解説も

Shinichi Sekine, @sekine_s
2014年9月26日, 午後09:32 in Canon
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

キヤノンが11月に発売予定のデジタル一眼レフカメラEOS 7D Mark IIの体験会を開催中です。会場は東京・品川のキヤノンSタワー3階キヤノンホールS。所在地は 東京都港区港南2-16-6。期間は9月26日(金)~28日(日)、開場時間は10時30分~18時40分。参加費用は無料です。

会場では3on3のバスケットボールトーナメントとチアリーディングによるパフォーマンスを展開。発売前のEOS 7D Mark IIを使って、試合やチアリーディングの様子を撮影できます。また、同時発表のレンズ一体型デジタルカメラPowerShot G7 Xと、PowerShot SX60 HSの撮影体験も併催中です。

なお、同様の主旨の体験会は大阪でも開催予定。バスケットボールの試合とチアリーディングに加え、ダブルダッチのパフォーマンスを行います。会場は大阪府大阪市北区大深町3-1 ナレッジシアター(グランフロント大阪)。期間は10月5日(日)~7日(火)。

Engadgetでは、今回体験できる機種のニュースとハンズオン記事をそれぞれ公開中です。

キヤノンEOS 7D Mark II発表、デュアルピクセル CMOS AFやフルHD・60p動画に対応する5年ぶりの『高速』APS-Cモデル
EOS 7D Mark IIインプレ。着実な操作感とレスポンス、動作の余裕から伝わる安心感
PowerShot G7X正式発表。キヤノン初の1型センサ採用、F1.8-2.8光学4.2倍ズームレンズ一体型カメラ
PowerShot G7Xインプレ。スリム化したボディに大口径レンズとチルト式液晶を搭載
キヤノンPowerShot SX60 HS発表。広角端21mmからの光学65倍ズーム機

更新:体験会の模様を追記しました。

撮影体験以外の内容としては、プロ写真家による解説や、開発者による技術および開発秘話を聞けるセミナーに加え、EOS 7D Mark IIに使われている技術を解説したパネル展示、作例ギャラリー、EFレンズのPRコーナーなどを設置しています。

9月27日(土)に開催された体験会は、週末ということもあって、多くの来場者で賑わいました。東京会場ではチアリーディングとバスケットボールの試合は27日と28日に行われます。このうちバスケットボールトーナメントは試写のためのデモンストレーションではなく、キヤノンのスポンサードにより実施される大会です。イベントについて詳しくは、本イベントの告知ページをご覧ください。


EOS 7D Mark IIのタッチ&トライでは、係員から新機能や旧機種との違いなどに関する説明を受けられます

いわゆる"大砲"とも呼ばれる超望遠レンズで試合の様子を撮影できるコーナー

プロチアリーディングチーム TeamSparkによるパフォーマンス


バスケットボールチームのトーナメント戦も実施。試合をしている目の前で撮影を試せます

PowerShot G7Xのタッチ&トライ

EOS 7D Mark IIの分解モデル

PowerShot SX60 HSの分解モデル

PowerShot G7Xの分解モデル

EF 1200mm F5.6L USMも展示。キヤノンのEFレンズのうち、唯一受注生産のみで販売する巨大レンズです。価格は980万円

PowerShot SX60 HSで鳥の模型を撮影できるデモ

写真家によるセミナーも連日開催しています



EOS 7D Mark IIは、9月15日に発表。デジタル一眼レフカメラEOSシリーズのうち、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載するモデルの最上位機種に位置付けられます。

イメージセンサーは2,020万画素のCMOS。10コマ/秒の連写性能を旧機種から受け継ぐとともに、AF性能の強化を中心としたアップデートが施されています。65点全点でのクロス測距が可能になったほか、測光センサーを一新。一度合焦した被写体を測距点から外れても追い続けるAiIサーボAF IIIを搭載し、詳細設定では動体追随特性を複数のプリセットから選択できる機能をフルサイズフラッグシップのEOS-1D Xから継承しています。

発売時期は11月上旬。価格はボディ単体で税別20万8000円、24-70mm L IS USMのレンズキットが税別33万8000円、18-135mm IS STMのレンズキットが24万8000円。

2009年10月発売の旧機種EOS 7Dは、優れたAF性能や連写速度の面から、主に乗り物や素早く動く動物を撮影するユーザーに愛用者が多く、他機種と比べて一部の機能・性能が相対的に型落ちと言って差し支えなくなっても、EOS 7Dでなければ撮れない写真があるという理由で根強い支持を得ており、新機種の登場が長らく待ち望まれていました。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Canon
関連キーワード: canon, CompactCamera, dslr, EOS 7D, powershot
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents