Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

Windows 10の新機能を試せるWindows Technical Preview提供開始

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年10月2日, 午前09:26 in Microsoft
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


マイクロソフトが Windows 10 の初期プレビュー版 Windows Technical Preview をリリースしました。昨日のWindows 10プレビューイベントで公開された、デスクトップ向けの新機能を試してマイクロソフトにフィードバックを送信できます。

Gallery: Windows 10 | 22 Photos

22


テクニカルプレビュー(TP)は未完成の新機能をいち早くテストして、文句や提案で今後の開発に役立てるためのごく初期のバージョン。​PCに詳しくOSの再インストールや復元、トラブルシューティングが苦にならないユーザーを対象としており、動かなくても困らないサブPCへのインストールが前提です。Windows 10 製品版はまだ完成していないため、いわゆる一般消費者向けの購入前お試し版ではありません



システム要件は、原則的には Windows 8.1 が動くPCならばインストール可能。大まかな目安では1GHz CPU、RAMは32bit版で1GB、64bit版で2GB。主ストレージ(HDD)は16GB、DX9グラフィック(WDDMドライバ対応)など。またマイクロソフトアカウントとネット接続も必要です。

Windows Technical Preview の提供言語は今のところ英語、中国語(簡体字)、ポルトガル語(ブラジル)。日本語は含まれていません。

TPの使用期限は2015年4月15日まで

今回のテクニカルプレビューはWindows 10のうち、昨日のイベントで披露されたデスクトップ向け・マウスとキーボード操作向けの新機能が含まれています。タッチ操作にも対応するものの、あくまで一応レベルです。タッチ操作向けの新機能については、マイクロソフトは来年早期のイベントで一般コンシューマー向け新機能とともに公表する予定。


マイクロソフトは今回のプレビューから、積極的に新Windowsの開発過程に関わりたいユーザーを対象とした Windows Insider Program も開始しました。TPは誰でもインストールでき自動更新もありますが、インサイダープログラムに参加すればもっと頻繁に新ビルドへのアップデートを受け取ることができ、またフィードバック送信用の新アプリ「Windows Feedback」も利用できます。







「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents