Sponsored Contents

adobeの最新記事

Image credit:

Adobe MAX基調講演:iPhoneアプリとの連携強化、ブラシなどの共有、SDK提供、Surface Pro 3対応

Mayumi Ishikawa
2014年10月7日, 午前08:50 in Adobe
302 シェア
222
0
21
9
50

連載

注目記事

人気記事

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

View

10月6日米国ロサンゼルスにてAdobe Systems主催のクリエイティビティカンファレンス「Adobe MAX 2014」が開催。基調講演で、アドビは新しいクリエイティブプロファイルによる9つのモバイルアプリやCeative SDKのパブリックベータ、Surface Pro 3向けのタッチサポートなどを発表しました。

  • アップデート、および新たにリリースされた9つのモバイルアプリ
  • クリエイティブプロファイルの提供、フォントやブラシなどをクラウドで管理しモバイル、デスクトップ問わず共有できる
  • CCデスクトップアプリのアップデート
  • Surface Pro 3(Windows 8)などのタッチスクリーンデバイスをサポート
  • Creative SDK1.0のパブリックベータ開始
  • クリエイターとビジネスをマッチングするTalent Searchがスタート

Creative Cloudのクリエイティブプロファイル

新しいCreative Cloudでは、フォントなどをPhotoshopやIllustratorなどの各アプリ間で共有できる「クリエイティブプロファイル」が利用できます。共有したいファイルや写真、カラー、ブラシ、シェイプ、フォントなどを、クラウド上に登録することで、Adobe Creative Cloudのデスクトップアプリ、またはモバイルアプリから呼び出していつでも利用できるようになります。

例えばiPadのPhotoshop Sketchアプリで作成したブラシやグラフィックを、Creative Cloudにアップし、瞬時にデスクトップのIllustratorで使うといったシームレスな連携が可能になります。オンライン、オフラインでも動作し、すべてローカルで同期します。


Creative Cloud上のアセット一覧

9つのモバイルアプリ

先ほどの Photoshop Sketch、実はこれ従来のAdobe Sketchを今回のタイミングでアップデートしたもの。新しいブラシを用意しているほか、Photoshop CCおよびIllustrator CCとワークフローを統合できます。

基調講演のデモでは、手描きの線をiOSデバイスで撮影し、それをブラシとして編集 Creative Cloudに登録 デスクトップのPhotoshop に取り込む様子を紹介しました。

またPhotoshop Mixのアップデートではモバイル合成機能を拡張。Photoshop CCだけでなく、新しいiPhone向けのアプリとの連携も強化しました。例えばPhoto MixのiPhoneアプリ上で、写真を指でなぞって余計な背景を消すことが可能です。

Lightroom Mobileのアップデートでもモバイルとの連携を向上。友人や家族とオンラインで共有している写真からお気に入りを選択したり、コメントを残したりする機能や、PC向けのLightroomと同期できるようになりました。

iOS上でベクトルデータでイラストが描ける Adobe Ideas の名称を Illustrator Drawに変更しました。同時に、Illustrator CCとの統合を進めるとのこと。また、正確な幾何学図形や遠近法を用いたパース図をiPadで作成できる Illustrator Line(従来のAdobe Line)は、今回のアップデートで、アートワークを送信した Illustrator CC側でベクトルデータを編集できるようになりました。

iOSのカメラで撮影した写真をそのままベクトルデータに変換できる Adobe Shape アプリも発表しました。

Creative Cloud経由でそのままIllustrator CCやAdobe Illustrator Lineで利用できます。このほか、新しいAdobe Premiere Clipアプリでは、iPhoneまたはiPad上で簡単に動画編集が可能になりました。

これらのモバイルアプリはCreative Cloudのすべてのプランと連携します。

Photoshop CCデスクトップツールの新機能

Photoshop CCも強化しています。主な新機能には、Windows 8 Surface Pro デバイスでのタッチサポート、Photoshop CC向けの新しい3Dプリント機能とMercury Graphics Engineのパフォーマンス強化、Illustrator CCの新しい曲線ツール、InDesign CCでのインタラクティブEPUBのサポート、Muse CCでのSVGとテキストの同期サポート、高精細4KおよびUltraHDビデオをPremiere Pro CCで表示するためのGPU最適化再生、After Effects CCでのHiDPIと新しい3Dのサポートなど。

ここでマイクロソフトのサトヤ・ナデラCEOと、アドビのシャンタヌ・ナラヤン氏が登場、Surface Pro 3でのデモを紹介。

Surface Proで、直接ペンタブで描くように描画したり、Photoshopでは指でなぞりながらレイヤー選べるレイヤーインスペクタ機能を紹介、Surface Proでより直感的にPhotoshopやIllustratorを操作できる様子を紹介しました。

ここでAdobe MAX参加者全員にSurface Pro 3が配られることを発表。会場は狂喜乱舞の拍手喝采となりました。

CreativeSDKがパブリックベータ開始



Creative Cloudと連携するサードパーティ製モバイルアプリの配信を強化する CreativeSDK のパブリックベータも発表。Creative Cloudの各種機能やサービスをクラウド経由で利用できるコンポーネントが含まれた開発者キットで、Photoshopの機能やCCのストレージサービスとの連携機能などをサードパーティのアプリに統合できます。またアドビが買収したAviaryの機能もCreativeSDKに含まれているとのこと。

クリエイターとビジネスをマッチングするCreative Talent Search

オンラインポートフォリオサイトの Behance では400万人以上のクリエイターが登録し、毎日2万以上のプロジェクトが集まっています。そこにCreative Talent Search機能が搭載、世界中のクリエイターに優良ブランドや企業からのビジネスオファーのきっかけをつくります。

例えばPhotoshopのエキスパート、特定地域に居住するクリエイター、自動車設計の経験者など、仕事に適した人材を高度な検索ツールを使ってこれまで以上に簡単に見つけられます。

まとめ

  • アップデート、および新たにリリースされた9つのモバイルアプリ
  • クリエイティブプロファイルの提供、フォントやブラシなどをクラウドで管理しモバイル、デスクトップ問わず共有できる
  • CCデスクトップアプリのアップデート
  • Surface Pro 3(Windows 8)などのタッチスクリーンデバイスをサポート
  • Creative SDK1.0のパブリックベータ開始
  • クリエイターとビジネスをマッチングするTalent Searchがスタート

アドビのデイビッド・ワドワーニ氏(シニアバイスプレジデント)は「デザインイノベーションは大きい会社でも小さい会社でも起きていて、デザインはますます重要に、そしてデザインをする人間がますます必要になっている。アドビはより早くより効率的に、デザインができるようにCreative Cloudを提供しているし、どんどん新しい機能を出していきたい」と話しました。

302 シェア
222
0
21
9
50

Sponsored Contents