LINEの事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」から。LINEは決済サービス「LINE Pay」を今冬開始すると発表しました。

LINE Payは、クレジットカードや銀行講座と連携した決済サービス。ECサイトや実店舗での決算ができるようになるほか、LINEの友人同士での送金や割り勘も可能。最大10万円までチャージできるプリペイド機能にも対応します。

LINE Pay

すべての写真を見る

13 枚


LINE Payは、クレジットカードや銀行口座と連携した決済サービス。ECサイトや実際の店舗での支払いに利用できます。最大10万円チャージ可能なプリペイド機能や、LINEで繋がっている友人にスタンプを送るように「送金」したり、商品を共同購入する際、購入代金を「割り勘」することも可能です。



決済は、LINEアプリ上から提携している店舗やWEBサービス、アプリ内での支払いに利用できます。支払いの決済はクレジットカードとの連携や、提携銀行(みずほ/三井住友銀行)やコンビニエンスストアから事前に入金することにより利用可能です。



LINEに決済機能を付与した LINE Payですが、LINEではアカウント乗っ取り被害が相次いだこともあり、セキュリティ面が気になります。登壇した代表取締役 COO 出澤 剛 氏によると、LINE Payの決済にはLINEとは別のパスワードが必要なほか、AppleのTouch ID指紋認証にも対応。また決済操作は手元のスマートフォンに限定されるため、セキュリティ性は担保されるとしています。



またLINE Payと連携したサービスも提供予定。具体例としては、日本交通と提携し配車位置を指定するとタクシーがすぐに到着し決済もLINE Payで済ませられるLINE TAXIや、LINE Payの使用でポイントが貯まる「ポイント機能」も導入予定としています。

LINE Payは今冬に日本とグローバルで提供開始予定。なおグローバルでは当面はクレジットカード連携のみとなる予定です。
速報:LINEが決済サービス LINE Pay 発表。割り勘や送金対応、今冬提供開始
広告

0 コメント

広告