クラウドストレージサービス Dropbox で、一部のユーザーのファイルが消去される不具合が発生しました。

ユーザーに Dropbox が送信した報告メールによれば、影響を受けた可能性があるのはデスクトップ版のDropboxアプリで、フォルダを選んで同期する選択型同期を使っているユーザー。

同期対象を設定しているときにアプリが終了または再起動した場合、ファイルが消去される問題が一部で発生していたとされています。 影響を受けた可能性がある場合、Dropboxからメールが届き、ファイルが消えていないか確認するためのリストページを案内されているはずです。

すでにDropbox は対策をとっており、問題が発生しないようデスクトップアプリを修正更新し、旧バージョンでは利用できないようにしています。

上記の報告メールによれば、影響を受けた場合、Dropboxはファイルの復旧に努めるとともに、不便に耐えて利用してくれることへの感謝としてDropbox Pro サービス一年分を提供するとのこと。転ばぬ先のバックアップ、大事なものには予備が必要とは言いますが、バックアップ手段も多重化しておくにこしたことはありません。
Dropboxで一部ユーザーのファイルが消える不具合発生、お詫びはDropbox Pro 一年分
広告

0 コメント

広告