Sponsored Contents

headphonesの最新記事

Image credit:
Save

Shure、オーバーヘッド型ヘッドホンSRH144/145発表。ポータブルタイプの半開放型および密閉型

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年10月20日, 午前10:56 in Headphones
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
Shure がオーバーヘッド型ヘッドホンの新製品3機種を発表しました。セミオープン型の SRH144 と密閉型の SRH145、およびSRH145 にアップル製品対応のリモコンマイクを採用した SRH145m の3モデルで、いずれも折りたたみ機構を備えたポータブルタイプのヘッドホンです。

メーカーによる各機種の特徴は、セミオープン型の SRH144 が高域側のレンジを広げた「自然なサウンド」。また密閉型の SRH145 /SRH145m は、その遮音性を活かしたリッチな重低音が特徴です。

ヘッドバンドが折りたたみ可能なポータブルタイプですが、フィット感や長時間使用での快適性のためヘッドバンド裏のパッドや調整可能なイヤーカップを採用します。

SRH145m のみ、iOS 端末や iPod シリーズに対応するインラインリモコンを搭載。音量調節や曲操作が可能です。iOS デバイスでは内蔵マイクにより着信応答にも対応します。 
 

主な仕様は、SRH144 がネオジムマグネット採用の36mm径ドライバーを搭載、感度96dB SPL/mW、最大入力 200 mW、インピーダンス34Ω(1kHz)。再生周波数帯域は30Hz~20kHz。重さ150g。

SRH145 および SRH145m は、ネオジムマグネット採用36mm径ドライバー、感度100dB SPL/mW、最大入力 200 mW、インピーダンス34Ω(1kHz)。再生周波数帯域は25Hz~18kHz。重さは SRH145、SRH145m ともに150g。

なお、ケーブルの長さはいずれも1.52mで、着脱はできません。

発売時期は11月。オープン価格ですが、予想実売価格はSRH144 が5480円前後、SRH145 5480円前後、SRH145m+ は6480円前後。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents