Sponsored Contents

denonの最新記事

Image credit:
Save

デノン、ハイレゾ対応ネットワークプレーヤーDNP-730RE発表。DSD 5.6MHz/AIFF/ALACに新対応のエントリー機

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年11月4日, 午後02:40 in Denon
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
デノンが、ハイレゾ音源の再生に対応するネットワークプレーヤー DNP-730RE を発表しました。従来機種の DNP-720SE から、新たに DSD 5.6MHz および 192kHz/24bit までのPCM方式音楽ファイルの再生に対応しました。また IEEE 802.11n WiFi に対応し、ワイヤレスネットワークでも再生を高速かつ安定化しています。

DNP-730RE は、従来モデルでは最大96kHz /24bit までだった PCM 方式の音源を、192kHz/24bit まで再生可能としたのが特徴。エントリーモデルでは省略されることの多い DSD 形式も最大5.6MHz まで対応し、再生能力を強化しています。 また FLAC /WAV に加え、AIFF および ALAC(最大96kHz)形式に新たに対応し、市販されるハイレゾ音源のほとんどを再生できます。

MP3 /AAC /WMA といった非可逆圧縮音源ももちろん再生でき、これまでに構築した音楽ライブラリーもそのまま再生可能です。
 


多くのネットワークプレーヤーでは、WiFi がおおよそIEEE 802.11 b /g までの対応だったために、ネットワークの速度と安定性の問題からハイレゾ音源の再生には非対応または非推奨となっていました。DNP-730RE では、IEEE802.11n による高速化とダイバーシティアンテナ採用により、無線経由でも安定したハイレゾ音源再生を可能としています。

なお WiFi の接続設定は、ワンボタンで設定完了できる WPS をはじめ iOS デバイスの WiFi 情報を共有する WAC(Wireless Accessory Cofiguration)、WiFi シェアリングに対応しています。

ネットワーク経由の再生では、DLNA 1.5、AirPlay に対応し、NAS や PC、iOS デバイスなどから音楽を再生します。そのほか、ワイヤレスだけでなく、有線LAN 経由や USB メモリー内の音楽ファイル再生が可能。インターネットラジオの再生にも対応します。

ハード面ではアナログ部にデノンが得意とする SACD プレーヤーと同等の高品位回路を採用しました。DAC は高級機への採用が多いバーブラウン製 PCM1795。入力音声信号のクロックをハイブリッド PLL でリクロックするというジッターリデューサー搭載により、D/A 変換精度を向上しています。
出力端子はアナログ音声出力(RCA) x1系統、光デジタル出力 x1。本体前面には3行表示の有機EL ディスプレイを搭載します。

本体大きさは、幅434 x 奥行297 x 高さ73mm。重さ2.9kg。操作用リモコン、IRコントロールケーブルが付属します。なお、iOS /Android 用のリモコンアプリ「Denon Remote App」も利用可能です。

発売時期は11月下旬。税抜価格は4万6000円です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: DENON
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents