Sponsored Contents

bluetoothの最新記事

Image credit:
Save

心拍計内蔵Bluetoothヘッドセット Jabra Sport Pulse Wireless、12月12日に国内発売

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年12月2日, 午後12:55 in Bluetooth
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
Jabra ブランドを扱う GN ネットコムジャパンが、9月に発表していた Bluetooth ヘッドセット Jabra Sport Pulse Wireless を国内発売します。発売日は12月12日。IP55 準拠の防塵防滴ヘッドセットで、ハウジング内には心拍計を搭載します。
 

Gallery: Jabra Sport Pulse Wireless | 16 Photos

16

 

 
Jabra Sport Pulse Wireless は、普通の首掛け型 Bluetooth ヘッドセットのように見えますが、イヤホン部分に心拍計を内蔵するのが特徴。音楽を聴きながらランニングなどのワークアウトをすれば、その間の心拍データも記録できます。

心拍データは連携するワークアウトアプリに記録され、活動量の算出やワークアウトメニューの設定に活用されます。対応するワークアウトアプリとしては純正の Jabra Sport Life のほか Endomondo、 Runkeeper、Strava、MapMyFitness といったサードパーティアプリ、さらに iOS 8 に標準搭載のヘルスケア(Healthbook)アプリなどがあります。

Jabra Sport Life アプリでは音声コーチング機能によって適正な心拍数で運動が可能。ダイエットや筋力増強、健康維持、ベストタイムといった目標にあわせて無理なくワークアウトをこなせます。
 
 
ヘッドセットとしての仕様は、Bluetooth 4.0、プロファイルはHSP /HFP /A2DP /AVRCPに対応します。NFC ペアリングにも対応。最大で8台までのスマートフォンや Bluetooth 対応プレーヤーなどを登録可能。同時待ち受けは2台。最大通信可能距離は約10m。イヤホン部の再生周波数帯域は20Hz~20kHz、音圧レベル94dB。

バッテリーの持ちは音楽再生と通話がともに約5時間(心拍計測含む)。待受は最大10日間。充電は microUSB ケーブルで行います。

左右のユニットを結ぶケーブルの長さは60cm。本体重さは16g。充電用ケーブル、装着用クリップ4個、保護用ポーチが付属。イヤージェルおよびイヤーウイングは各4サイズを同梱します。

発売日は12月12日。予想実売価格は3万1800円前後。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents