Sponsored Contents

egfesの最新記事

Image credit:
Save

Engadget Fes: オリンパスがオープンプラットフォームカメラを国内初展示。テスター募集も実施中

Shinichi Sekine, @sekine_s
2014年12月17日, 午後10:40 in Egfes
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


11月24日開催のガジェット文化祭 Engadget Fes 秋葉原2014 Winterで、オリンパスは国内初めて「オープンプラットフォームカメラ」(以下OPC)を展示しました。

オリンパスが9月にドイツPhotokina 2014で発表したOPC Hack & Make Projectは、APIや拡張用のデータがオープンなOPCを軸にユーザーが開発に携わり、新しい写真体験の形を開拓する試み。Engadget Fesでは日本での本格展開に合わせて、OPCの実機を国内で初めて展示しました。

Gallery: Engadget Fes: オリンパス OPC Hack & Make Project | 20 Photos

20


外観はソニーが販売するレンズスタイルカメラに近い円筒形ですが、OPCのもっとも大きな特徴は、SDKや外形3Dデータを公開し、アプリや専用アクセサリーの作り手を広く募っている点です。

カメラは製品開発に関する全てのプロセスをメーカー内で完結させるのが普通ですが、OPCの場合はプロトタイプの段階から仕様を一般公開し、クリエイティビティを持つユーザーと一緒に開発を進めます。そうした取り組みを通して、従来の枠には収まらない、新しいカメラの形や、新たな写真の楽しみ方を模索しようというプロジェクトです。

Engadget Fesのオリンパスブースでは、同社が用意したOPC用のアプリやアクセサリーを展示したほか、SDKの説明会も実施。OPCの活用方法に関するアイディアを募集するコーナーも設けていました。

オリンパスが一例として制作したアプリやアクセサリー類を展示。

天井に吊られたレール上に動く雲台を設置し、カメラと雲台を遠隔操作できる「movement」。下はコントローラーです。

一般的なカメラのように使えるケースや、多段式三脚のようにどこにでも取り付けられるアクセサリーなどをアイディアのひとつとして形にしていました。

iPhone用電動雲台「Galileo」にOPCを装着できるよう改造したもの。

ベーシックなレンズスタイルカメラとしてももちろん使えます。

OPC Hack & Make Projectでは12月26日まで、OPCのテスターを募集しています。定員は30名。OPCを使って実現したいアイディアがある人なら、誰でも応募できます。テスターにはOPC(プロトタイプ)の実機が無償貸与され、アプリの開発やアクセサリーの制作を行えます。テスターの選出は2015年1月の予定。

その場でOPCに関するアイディアが次々と生まれ、見るものに影響を与え、更なるアイディアを生み出します。手書きの紙が壁に貼り付けられていく様子は、いかにも"文化祭"らしい雰囲気を醸し出していました。


来場者からの質問に答えているのは、プロジェクトの発起人であるオリンパスイメージングの佐藤明伸氏(IBP推進本部IBP推進2部開発グループリーダー)。「今後もイベントがあるので、楽しめるものにしていきたい」と意気込みを語りました。

優秀賞を獲得した「私もつれていってCAM」。旅行などへ一緒に行けない人の代わりに連れて行くというコンセプトで、顔の部分にOPCを搭載しています。写真を『人の代わり』として持っていくことで、普通にカメラを持っていくのとは少し違う感覚を味わえます。外装の部分でもMakeの可能性があり、アイディアとしての全体のバランスが評価されました。佐藤氏も「モノとして面白いだけでなく、気持ちが伝わるすばらしいアイディアです」と絶賛していました。


上は9歳の女の子が出した「野菜の写真を撮ると、写した野菜が切れるカメラ」。佐藤氏はこのアイディアを高く評価しており「発想のおもしろさに感激しました。大人だけを対象としたプロジェクト展開を考えていましたが、子ども向けのイベントも検討したいです」とコメント。


Hack & Make用SDKキットの解説を実施。来場者からは、何がどこまでコントロールできるのかという質問が挙がっていました。

なお当日の様子は、OPC Hack & Make ProjectのWebサイトでもレポートされています。

直近でOPCに触れられる機会としては、東京・渋谷のFabCafeでOPCの最新プロトタイプを試せるイベントOPC Hack & Make Gatheringがあります。2014年の開催は終わってしまいましたが、今後は2015年1月、2月と、月1回のペースで実施する予定です。出入りは自由、参加費は無料。OPCの仕様説明やタッチ&トライ、備え付けの3Dプリンターによるラピッドプロトタイピングなどが行えます。

OPC Hack & Make Projectのオリジナルパーカー。会場ではスタッフが着ていました。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: egfes, engadget, olympus, Open Platform
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents