Sponsored Contents

2-in-1の最新記事

Image credit:
Save

レノボが新型LaVie Z 2モデルを5月初旬に米国向け発売、1299ドルから。モデル名や本体サイズも公開

Shingi Hashimoto
2015年1月6日, 午前09:10 in 2-In-1
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View



NECがCES 2015に合わせてプレビューした新LaVie Z(2015年春モデル)2機種ですが、意外なところからもう少し細かな仕様が公開されることになりました。なんと、同社が提携しているレノボです。

これはLaVie Zが、NEC製PCとしては初めてレノボブランドを付け、『Lenovo LaVie Z』として米国で販売されることが決定したため。日本を代表する軽量ノートPCの一角が海外進出する形となります。

Gallery: Lenovo LaVie Z HZ550 and HZ750 hands-on | 12 Photos

12

なお、NECからの発表に関しては、以下の記事を参照ください。

NECが13.3型WQHD液晶の新LaVie Z 2機種をCESで展示。779gの軽量モデルに加え926gの2-in-1モデルも




NECのプレビュー時点で公開されなかった仕様としては、まずモデル名が挙げられます。レノボの資料によれば、新筐体(きょうたい)となる2-in-1タイプがLaVie Z HZ750、軽量タイプ(ノートPCタイプ)がLaVie Z HZ550。従来のNEC製品の命名規則から照らし合わせても、これが日本でもそのまま使われる可能性は高そうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本体サイズはHZ750が319×217×16.9mm(幅×奥行き×厚さ)、HZ550が319×212×16.9mm(同)。HZ750は奥行きこそ若干長くなるものの、厚みを増すことなく360度液晶回転機構を導入していることがわかります。

重量はHZ750が2.04ポンド(約925g)、HZ550が1.72ポンド(約780g)。日本版ではそれぞれ926gと779gなので、ほぼ同じと考えてよいようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、CESに合わせて展示された実機は、レノボブランドではあるものの日本語キーボード仕様。矢印キーのうち、上下方向だけ幅が細い形状をはじめ、従来のLaVie Zで特徴的だったキーボード配列がほぼそのまま継承されていることが確認できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

発売時には当然US配列キーボードに変更されるものと思われますが、メーカーロゴを除けば、日本向けモデルほぼそのままと考えてよいでしょう。

ちなみに本体色は、NEC版として公開されている写真とは異なり、2モデルともブラック(NEC版では2-in-1タイプがシルバー)のため、写真で両モデルの区別は付けにくい状態です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

判別の目安として、液晶パネル下側にWindowsロゴ(=ホームボタン)が用意されており、パームレスト左手側にLenovoロゴのプレートがあるのがHZ750、液晶パネル下側にLenovoロゴがあるのがHZ550です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、米国での価格と発売時期に関しても発表されました。HZ750が1499ドルから、HZ550が1299ドルから。発売時期は5月初旬とされています。なお、日本における発売時期にも触れられていますが、そこはNECの発表と同じ2014年春というだけに留まっています。

Gallery: Lenovo LaVie Z HZ550 and HZ750 | 9 Photos

9


そのほかの詳細な仕様で特筆すべき点としては、HZ550の液晶パネルがタッチ非対応である点、HZ750の液晶にはWQHD(2560×1440ドット)に加えてフルHD(1920×1080ドット)版が用意される点、そして(2モデル共通)入出力端子としてUSB 3.0×2基、HDMI出力、SDカードスロット、ヘッドホン端子が用意される点が挙げられます。

このように、ちょっと意外な形で仕様が明らかになったLaVie Zですが、CPUなどの不明点を除けば、HZ550は従来モデルと比べて順当にパワーアップしていると捉えていい仕様。HZ750の変形機構も、本家レノボが認めるほどですから、完成度には期待できそうです。



以下余談。今回初となったNEC製パソコンのレノボブランド販売ですが、昨年11月にはNEC製PCのブランドであるNECパーソナルコンピュータとレノボ・ジャパンの2社間に、こうした協業体制の強化を暗示するような出来事がありました。
それは、両社が本社オフィスを揃って移転し、2社とも秋葉原UDXビルの10階に入ったこと。UDXビルの案内板でも、両者は並んで収っており、いわば距離が大きく縮まった(物理的に)というわけです。今回の販売に関しては、こうした協業体制強化も関係していることは想像に難くないでしょう。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: Engadget
Source: Lenovo
1シェア
0
1
0

Sponsored Contents