Sponsored Contents

android tvの最新記事

Image credit:
Save

Android TVの動作をソニーの新ブラビアで見る。操作は快適で完成度は高いが没個性化の懸念も

Takahiro Koguchi, @TKoguchi787
2015年1月9日, 午前11:05 in Android Tv
5シェア
0
5
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


米国で開催中のCES 2015ソニーブースでは、2015年モデルとなる新ブラビアシリーズにも注目が集まっています。ハードウェア的には、最薄部が4.9mmとなるX900C が人気ですが、ソフトウェア面でも、スマートTV用OSとしてGoogleの Android TVを採用することを明らかにし、話題となっています。

Android TVは Google Play対応などの機能を備えるテレビ用 Android。Androidアプリを含む膨大なGoogle Playコンテンツや、スマートフォン感覚の使いやすいUIを実現します。ここでは、Android TVにフォーカスした実機レポをお届けします。




Android TVは、Android 5.0 Lollipopをベースととした TV向けの Android OS。ソニーはこのOSを元としたプラットフォームを、2015年春以降に発売するX900Cシリーズを含む4Kブラビア全機種と、フルHDブラビアの一部機種に搭載する予定です。

TV向けのカスタム版ということでまず気になったのは、Google Playで提供されているコンテンツの可否ですが、少なくともブラビアでは利用可能でした。Android 5.0に対応したアプリならば、Android TVでも基本的に動作します(テレビのコントローラーで操作できるかは別としてですが)。

となると、気になるのは速度。ソニーブースではそうした疑問に答えるべく、Androidゲームとして『Beach Buggy Racing』をX900Cで動作させるデモも実施されていましたが、かなり快適。外付けコントローラーを使うことで、据え置きゲーム機感覚でプレイが可能でした。

Android TVは、Google Cast機能も特徴。これは例えれば、Chromecastの機能をテレビに内蔵したもの。PCなどからChromeブラウザや YouTube、対応VODサービスといったアプリを使うことで、中間機器を経由せずに映像と音声のストリーミングが可能です。Google Castに関しては、下記の記事を参照ください。

ソニーの新ブラビアは最初からChromecast機能内蔵。Android TV採用でGoogle Cast対応



気になる操作は、基本的にリモコン経由となります。新ブラビアではAndroid TVに合わせて、リモコンも一新されました。

『スワイプコントローラー』と名付けられた新リモコンは、Android TVのUIを快適に操作できるよう、タッチパッドベース。基本操作はスマートフォンやタブレットと同じスワイプやタップなので、Androidに慣れているユーザーは直感的な操作が可能です。加えて、音声認識操作にも対応します。

実際にこのリモコン経由でAndroid TVを操作した様子を動画で撮影しましたので、ご覧ください。メニュー表示の滑らかさなども確認できます。



このように、新ブラビアはAndroid TVを採用したことで、ソニーはテレビのスマートデバイス化を一気に果たした印象です。以前にもスマートテレビは一時期もてはやされたものの、プラットフォームの開発が進まず、操作性や使い勝手の改善が遅いことなどから、昨今は停滞気味でした。しかし新ブラビアとAndroid TVは完成度が高く、当時とは情勢が違うと感じます。




ただ一方で「ソニーのテレビ」として見てみると、Android TVは あくまでGoogleが提供するプラットフォームであるため、ハード面はともかく、ソフト面ではソニー独自の差別化を出しずらいという懸念が残ります。

実際にソニー以外のメーカーでも、シャープとフィリップスがこの春にAndroid TV採用テレビを発売予定。外付けの機器でも、Google純正のリファレンス機 Nexus Playerのほか、ファーウェイがAndroid TVベースのストリーミングメディアプレーヤーを予定しているなど、他メーカーでも採用予定が増加しているため。

一方 パナソニックは オープンなHTML 5の仕組みを採用する Firefox OSを採用したスマートテレビ新製品をCES 2015で発表しており、ソニーとは別路線を走ります。

Android TVでスマートデバイスとしての完成度を大きく高めた新ブラビアですが、一方でソニーとしては、今後Googleに依存しすぎないよう、バランスを取った戦略を立てていけるのかが焦点となりそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android tv, bravia, bravia x900c, CES 2015, ces2015, SONY, tv
5シェア
0
5
0

Sponsored Contents