Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ニコンD5500発表。同社初のタッチ式バリアングル液晶搭載、厚み大幅減でホールド性向上

Shinichi Sekine, @sekine_s
2015年1月14日, 午後03:51 in D5500
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View


ニコンがデジタル一眼レフカメラ D5500 を国内向けに発表しました。D5500はAPS-Cサイズで有効2416万画素のCMOSセンサーを搭載、タッチ対応の3型バリアングル液晶モニターを装備した「おとうさん向け」ミドルハイクラス機種。

本体素材にカーボン繊維を用いた強化プラスチックを採用し、カバー構成を箱型の一体的な構造体とするモノコック構造とすることで、従来機種から小型軽量化し、なおかつ強度の両立を図りました。

Gallery: Nikon D5500 初のタッチ式液晶搭載機 | 9 Photos

9

2015年1月6日~9日開催のCES 2015で海外発表されていた製品ですが、国内でもさっそく発売が決まりました。

ニコン製デジタル一眼レフカメラのラインナップ中、APS-Cサイズセンサーを搭載するDXフォーマット機の現行機種のうち、D7100(2013年3月発売)の下位、D5300(2013年11月発売)の上位に位置します。

最も大きな特徴は、先述のモノコック構造によるボディサイズの小型・軽量化です。D5300の外形寸法125×98×76mm(幅×高さ×奥行き)に対して、D5500では124×97×70mmとなっており、特に奥行きは6mmも縮小しています。


ボディの厚みが薄くなったことによってグリップがより深くとれるようになり、ホールド感が向上しました。グリップをしっかり握れるということはカメラをしっかりと固定しやすくなるということですので、手持ち撮影時の手ブレを抑えやすくなったと言えるでしょう。

また、新素材の採用によって、重量もD5300の530gから60g減の470gに軽量化しています。ニコンによると、バリアングル液晶モニターを搭載するデジタル一眼レフカメラとしては世界最小・最軽量とのことです。

液晶モニターはニコン製一眼レフカメラとして初めてタッチパネル化。タッチシャッターやカメラの設定をタッチ操作で直感的に行えるようになりました。なお、光学ファインダー使用時のAFポイント変更や、動画記録中のAF操作、画像再生中の拡大/縮小などをタッチで操作できます。

最高感度はD5300のISO12800からISO25600に高感度化。電池寿命は約820枚。

機能面では、フルサイズセンサー搭載のFX機に搭載していた周辺光量落ちの調整機能、ヴィネットコントロールをDX機として初搭載。30分以上の露光ができる長時間露出撮影やホワイトバランスの微調整機能も新たに装備しています。

そのほかの主な仕様はD5300とほぼ共通。最大記録解像度は6000×4000ピクセル。光学ファインダーは視野率約95%、倍率0.82倍、アイポイント17mmのペンタミラー式。AF測距点は中央9点クロスの39点。60pのフルHD動画記録に対応。IEEE 802.11b/g規格の無線LANを内蔵。最高連続撮影枚数は約5コマ/秒。

ボディカラーはブラックとレッド。発売日は2月5日。税込み直販価格はボディのみが8万9100円、AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR IIのレンズキットが9万9900円、AF-S DX NIKKOR 18-140mm F3.5-5.6G ED VRのレンズキットが12万9600円、レンズキットにAF-S DX NIKKOR 55-300mm F4.5-5.6G ED VRを追加したダブルズームキットが13万5000円。

ベースとなるスペックはD5300と同等ながら、ボディの刷新と小型軽量化が主なトピックです。時期的には下位機種の発売から約1年経過していることもあり、高感度性能の向上と機能のアップデートを施した正常進化モデルといえます。

高感度性能は言わずもがな、ボディ形状が変わったことによりホールドしやすくなっているようなので、撮影時の実用性は確実に向上しているでしょう。近日中には家電量販店で触れるようになるはずなので、D5300の購入を検討していた方は、D5500と比較したうえで、お財布と相談してみるといいかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Nikon
関連キーワード: d5500, dslr, Nikon, touchscreen
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents