Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

auがAndroid 4.4搭載フィーチャーフォンAQUOS K発表。LTEデータ通信とWi-Fiテザリングに対応

Shingi Hashimoto
2015年1月19日, 午後12:03 in Android
448シェア
328
0
0
120

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

View


au新製品発表会での注目モデルのひとつが、シャープ製のAQUOS K SHF31です。これは数日前から一部新聞などで報道されていた「スマートフォンのOSや中核パーツを搭載したフィーチャーフォン」。発売日は2月下旬で、本体カラーはレッド、ホワイト、ブラックの3色。なおシリーズ名のKは「ズバリ、『ケータイ』から」とのこと。

中核となるSoCにはクアルコムのSnapdragon 400ことMSM8926を搭載し、OSはAndroid 4.4。さらにLTEデータ通信に対応(ただしVoLTEは非対応)しますが、機能的にはタッチパネルを搭載しないなど、フィーチャーフォン的性格の強いモデルです。料金プランは「カケホとデジラ」または「LTEプラン」。

Gallery: au-SHARP AQUOS K | 31 Photos

31



液晶ディスプレイは3.4インチ960×540ドット(qHD)、SoCは先述したとおり、クアルコムのMSM8926(4コア1.2GHz)。メインメモリは約1GBで、内蔵ストレージは約8GB。LTEデータ通信は最高150Mbpsまで対応し、Wi-Fiテザリングも可能。このあたりは昨今のハイエンド級スマートフォンに比べるとさすがに控えめな仕様です。



本体サイズ(折りたたみ状態)は51×113×16.9mm (幅×高さ×厚さ)、重さは128g。バッテリーはフィーチャーフォンらしく交換可能な仕様で、1410mAh。連続通話時間は約620分、連続待ち受け時間はLTE接続時は約470時間、3G接続時は約610時間。





なお、Google Playには非対応。アプリはMobile Systems OfficeSuiteをはじめとするプリセット(プリインストール)タイトルと、auスマートパスからの追加となります。なおスマートパスは、動作検証などが完了した本機専用のメニューが表示される仕様となっており、現状では約20タイトルが用意されるとのこと。

説明員にLINEへの対応に関して聞いたところ、「現在発売に向けて調整中。現状で決定した方針ではないものの、スマートパス経由とは別に、たとえばWebブラウザ経由のショートカットをメニューに作るといったことも考えている」とのコメントをいただきました。



基本操作系はフィーチャーフォンを踏襲しており、基本メニューなどを見ているとAndroid色はありません。ただし設定メニューなどを見ると、しっかりAndroid機であることが確認できます。



また、Webブラウザなど、ポインティング操作が必要となるアプリでは、マウスカーソルが表示され、『タッチクルーザーEX』と呼ばれる操作でのポインティングが有効となります。これはキーパッド全体をタッチパッドのように扱い、ポインティングを可能にするというもの。本誌読者には、Blackberryの一部モデルと似た操作感覚、と言えばおわかりいただけるかもしれません。



さて本機は、フィーチャーフォン(au側の呼称はauケータイ)ながらAQUOSブランドのモデルということで、高精細ディスプレイと高性能カメラを打ち出しています。
液晶パネルは先述したように、約3.4インチながら960×540ドット対応。バックライトの光源としては、発色を広げるPure LEDブランド品を採用します。



カメラは1310万画素のCMOS。最大撮影解像度は、静止画が3840×2160(シャープは『4K2K』と称します)、動画がフルHD(1920×1080)。



さらに撮影サポート機能として、見栄えの良い被写体の大きさなどをガイドする『フレーミングアドバイザー』やリアルタイムHDR撮影、いわゆる超解像ズーム機能『美ズーム』、暗所撮影機能『Night Catch』なども搭載。これまでフィーチャーフォンが苦手としていた場面での撮影をサポートします。



本体デザインも、折りたたみ式にはじまり、サブディスプレイ面にカラーリングに合わせた模様を使用するなど、フィーチャーフォンで受け入れられたデザイン手法を採用しています。



このようにAQUOS Kは、Androidをベースにしながらも、かなりフィーチャーフォン的な操作感覚やデザインを目指している印象。実際の使用感なども、かなり高機能な(スマホが台頭する前の)ハイエンドフィーチャーフォンに近い感覚でした。

シャープは過去にもソフトバンク向けの007SH(下記記事を参照)など、フィーチャーフォン的Android機を発売していますが、現時点におけるそうした取り組みの到達点と呼べる製品でしょう。発売後の評価がいろいろな意味で注目できるモデルです。

折りたたみ Android 端末 AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH、ソフトバンクから

Source: au
関連キーワード: android, aquos, aquos k, au, au2015spring, FeaturePhone, sharp
448シェア
328
0
0
120

Sponsored Contents