Sponsored Contents

bluetooth speakerの最新記事

Image credit:
Save

ソニー、高音質コーデック LDAC 対応 Bluetooth スピーカー2機種を発表。出力強化および小型軽量化

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年1月22日, 午後07:40 in Bluetooth Speaker
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
ソニーが高音質コーデック LDAC に対応する Bluetooth スピーカー SRS-X55 および SRS-X33 を発表しました。SRS-X55 は最大出力を従来機に比べ1.5倍の30W に強化。SRS-X33 は小型軽量化により、さらに持ち運びやすくなりました。
 

Gallery: SONY SRS-X55 /X33 | 14 Photos

14

 

両機とも、独自開発の Bluetooth 用コーデック LDAC を採用したのが最大の特徴です。LDAC は、高音質指向の Bluetooth スピーカーでよく使われる AAC や aptX を上回り、96kHz/24bit というハイレゾ相当の音質で伝送が可能なコーデック。ただ、伝送時のエンコード処理は非可逆圧縮を採用しているため、ロスレス伝送というわけではありません。また 192kHz などサンプリングレートの高い音源は 96kHz/24bit にダウンコンバートして伝送します。
 
現時点で LDAC 対応の再生機器は CES 2015 で発表されたばかりのウォークマン NW-ZX2 があります。また、すでに発売されている NW-A16、NW-A17 も LDAC 対応のためのファームウェアアップデートを予定しています。

Bluetooth の仕様は両機とも共通。 Bluetooth 3.0 を搭載し、電波出力強度はClass 2。通信可能距離は見通し10m。対応するプロファイルは A2DP /AVRCP /HFP /HSP。コーデックは SBC /AAC /LDAC。NFC によるワンタッチペアリングにも対応します。

そのほか音質面では、非可逆圧縮の際に失われてしまう高音域を補完する DSEE や、臨場感や迫力を増す ClearAudio+ を搭載。音場を広げる効果が得られる「SOUND」ボタンも備えます。

SRS-X55

 
SRS-X55 は SRS-X5 の外観を引き継ぎつつ、アンプ出力を 30W に引き上げました。前面に2基の38mm 径フルレンジドライバーと58mm のサブウーファーを搭載した2.1ch 構成を採用。さらに背面にはキレのある低音を再現するパッシブラジエーターを2基備えます。
 
スピーカーの再生可能周波数帯域は60Hz~20kHz。アンプの実用最大出力はフルレンジ5W x2 に加えサブウーファーが20W。

外部入力として 3.5mm ステレオミニジャックを備えますが、USB は2.1Aの出力を持ち、スマートフォンやタブレットなどを充電できます。ただし、iPhone などを接続してのデジタル再生には対応しません。

内蔵バッテリーは Bluetooth 使用時で約10時間の連続再生が可能。

本体大きさは、幅221 x 高さ118 x 奥行51mm。重さ1.2kg。本体カラーはブラックおよびホワイト。充電用のAC アダプターが付属します。

発売時期は2月21日。価格はオープン。店頭予想価格は2万5000円前後。

SRS-X33


SRS-X33 は、先代モデル SRS-X3 の特徴でもある小さく持ち運びしやすいところをさらに強化し、本体大きさを185 x 59 x 60mmと、約20%小型化。重さも730gと軽くなっています。

小さく軽くなった一方、バッテリーは強化されています。従来機が約7時間しか再生できなかったのに対し、SRS-X33 では約12時間の連続再生が可能となりました。

スピーカーとしては出力10W の34mm 径フルレンジ を2基搭載。その間には2基のパッシブラジエーターを対向配置し、低音を増強します。スピーカーの再生周波数帯域は60Hz~16kHz。

カラーバリエーションは4色に増加。ブラック /ホワイト /レッド /ブルーをラインナップ。充電用に AC アダプターとマイクロ USB ケーブルが付属します。

発売日は3月14日。オープン価格で、店頭予想価格は1万7000円前後。

ちなみに、両機種とも LDAC コーデックによるハイレゾ相当の高音質伝送が可能ですが、スピーカーの再生周波数帯域はハイレゾ対応の基準とされる40kHzに届きません。このためソニーのサイトでもハイレゾのロゴマークは表示していません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents