Sponsored Contents

G-SYNCの最新記事

Image credit:
Save

NVIDIAが新世代主力GPU GeForce GTX 960発表、660比2倍の電力効率でフルHD60fpsゲーミングを狙える199ドルモデル

Shingi Hashimoto
2015年1月22日, 午後11:00 in G-Sync
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View



GPUメーカーとして知られるNVIDIAが、PC用GPUのミドルレンジ製品GeForce GTX 960を発表しました。従来はゲーマー向けの高級モデルであるGTX 980と970にのみ採用されていた、いわゆる第二世代Maxwellアーキテクチャーを採用したミドルレンジモデルという位置づけです。

特徴は、上位モデルであるGTX 980と970と同一の基本構造(アーキテクチャー)を採用しなら、搭載カードが米国で199ドルからと低価格な点。残念ながら日本での市場価格は、(今回も)安価な製品で2万6000~2万8000円台あたりからのスタートとなりそうですが、これまでと同じように、時間が経過すればドル円レートに近い価格かそれ以下となりそうです。

Gallery: NVIDIA GeForce GTX 960と搭載カード | 40 Photos

40



GPUのダイ(半導体本体)は、新規設計の『GM206』。GTX 980と970が採用する『GM204』に比べると小型化されているのが特徴です。



処理ユニットであるCUDAコア(シェーダープロセッサ)数は1024基。GTX 980(2048基)のちょうど半分、GTX 970(1664基)の約6割ほど。基本クロックは1127MHz、ブースト時クロックは1178MHz。

GPUとビデオメモリのバス幅は128ビット接続で、メモリクロックは7GHz(相当)、標準メモリ容量は2GBです。
GTX 980と970は256ビット接続、つまり同クロックであれば理論上転送速度は2倍となる仕様だったため、この部分に限れば大きく仕様が落ちることになります。



そのかわり、発熱と消費電力の目安となるTDP(熱設計電力)は120Wと、980の165W、970の145Wに比べて順当に下がっており、標準仕様での補助電源コネクタは6ピン×1基と、昨今の自作PCの電源ユニットであれば余裕でカバーできる仕様です。

NVIDIA側は、2012年9月に発売されたGTX 660(2世代前の同クラスモデル)と比べて、電力効率が2倍に向上した点を最大の特徴としてアピールします。



また、メモリバス幅が狭い点や電源部がコンパクトに設計できる点から、基板は小さめ。上の写真はエイスース『STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5』の基板ですが、他社製品レイアウトと共通項が多い点から、リファレンス設計に近いものと思われます。



標準の出力端子は、上位2モデルと同じく、デュアルリンクDVI-I×1基にDisplayPort3基、HDMI×1基で、同時使用端子数は4基まで。昨今の4Kディスプレイ登場などに合わせて、DisplayPortを多くした構成。5Kディスプレイのサポートも謳います。



3Dグラフィックスに関する機能に関しては、アーキテクチャーを同一とする上位2モデルと同様。例えば最新の高画質技法であるMulti Frame Anti-Aliasing(MFAA)も搭載します。これは高画質なアンチエリアシング手法であるMSAA(Multi Sample Anti-Aliasing)と比べて効果はほぼ同等ながら、負荷が3割軽くなるという手法。

また、先日正式にMicrosoftからプレビューされたDirectX 12の新機能にも、既に対応していることをアピールします。



NVIDIAの主張としては、このMFAAと(保証はなくなりますが)オーバークロック動作により、最新の重量級FPSタイトルでもフルHD(1080p)で60fps前後が確保できる点を強調しています。



実際に、NVIDIAが開催した説明会では、GAINWARDの2ファン版カードを使用してオーバークロックのテストを実施。






Windows版FarCry 4をCore i7-4790KベースのPCで実行した状態で、1080pの高画質設定でMFAAを使い、リアルタイムにオーバークロックを実施し、GPUコアクロックは+120MHz、メモリクロックは+600MHz(相当)というアップをデモ。

アンチエリアシング設定を『MSAA 4X』とした状態のフレームレートが35~38fps前後なのに対し、MFAAを使うと40~47fpsにまで高速化し、オーバークロックすると最高で53fps前後までフレームレートが伸ばせることを紹介しました。

FarCry 4は最新FPSだけあってGPU負荷は高いですが、たとえばCall of DutyシリーズやBattleFieldシリーズであれば60fps超えは十二分に狙えそうです。

なお想定ライバル製品としては、AMDのRadeon R9 285搭載カードが挙げられています。



また、League of LegendなどのMOBAタイトルでは、GPUに対する描画負荷が軽いこともあり、高画質機能が使える点を紹介。中でも内部のレンダリング解像度を4K相当とし、出力時にダウンサンプリングすることで高画質化する『4K DSR』の効果が高い点を紹介。



またLeague of Legendのプレイ時は、消費電力が約30Wと低い点、さらにビデオカードによっては、ゲームプレイ中でもファンが停止することをアピール。静かにゲームプレイが可能なことから「MOBAタイトルに対してもパーフェクトだ」と紹介しています。



さらに発売キャンペーンとして、製品限定ながら、先日Steam経由でWindows版が発売された、コナミの人気タイトル『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』のバンドルキャンペーンを実施します。

対象となるのは、GeForce GTX 760以上(960以上ではありません)の単体ビデオカード、および搭載PCですが、パッケージなどにその旨の記載がある製品に限られます。対象製品を購入するとSteamのフルゲームコードクーポンが提供されるという形式。
キャンペーン期間は6月30日までで、クーポンの交換期限は12月31日までとなります。

なお、このキャンペーンのタイトルは『メタルギア、GeForceでPCに帰還』というもの。この「帰還」は冷静に考えると、もともとメタルギアシリーズがMSX2用に発売されていたことを知らないと意味が通りにくい非常におっさんホイホイな題名ですが、NVIDIA側に「若い人向けへの説明はあるのか?」と尋ねたところ、その予定はないとの回答を得ています。



​合わせて説明会では、NVIDIAが昨今注力している、G-SYNC対応液晶ディスプレイについても、新機種2モデルをプレビューしました。

1モデル目は、エイサーのXB270HU。27インチのWQHD(2560×1440ドット)、IPS方式液晶を搭載しながら144Hzのリフレッシュレートに対応し、ワールドワイドでは2月から発売予定(日本では不明)。





これは説明会でもデモが実施されましたが、確かに120Hz以上のディスプレイで味わえる滑らか感(とくにデスクトップでのウィンドウ移動で顕著)と、IPS方式ならではの上下視野角が両立されていることが確認できました。



2モデル目は、ASUSのR.O.G.シリーズとして登場するPG27AQ。4K解像度+IPS方式でG-SYNC対応(リフレッシュレートは不明)という製品です。ただしこちらは「Coming Soon」扱いで、NVIDIA側でもまだ発売予定は不明とのこと。デモ機などもありませんでした。



このようにGeForce GTX 960は、消費電力の低減や高画質化機能の充実、さらに5Kディスプレイへの対応など、新世代のミドルレンジGPUとして着実な改良がなされている印象。上位モデルなどで定評あるMaxwellアーキテクチャーも相まって、価格がこなれれば着実に売れそうな製品でしょう。

それゆえ日本においては(昨今の新GPU登場時は毎回そうですが)、一刻も早い実売価格の低下と安定を望みたいところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0

Sponsored Contents