Sponsored Contents

CP+2015の最新記事

Image credit:
Save

ペンタックスK-S2発表、防塵防滴で世界最小一眼レフ。バリアングル液晶もKシリーズ初

Shingi Hashimoto
2015年2月10日, 午後08:05 in Cp+2015
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View


リコーイメージングが、ペンタックスブランドのKマウント一眼レフ『K-S2』を発表しました。発売日は3月6日、直販価格(すべて税込)はボディのみが9万6800円、標準ズーム付きの18-50REキットが11万8400円。ダブルズームキットが12万9200円、18-135WRキットが14万円。

特徴は、防じん防滴仕様の本体としては世界最小をアピールする点。またペンタックスブランドの一眼レフとしては初のバリアングル液晶とWi-Fiを搭載する点です。さらに基本仕様も、有効約2012万画素のAPS-Cサイズセンサーやローパスフィルターレス仕様、ボディ内手ブレ補正とローパスセレクターなど、上位モデルK-3譲りの装備です。

Gallery: リコー ペンタックス 一眼レフカメラ K-S2 | 10 Photos

10


特徴の一つである防じん防滴ボディは、本体の100カ所にシーリングを施した本格的な仕様。雨天や海、川の周辺、砂場の近くといった水やホコリが気になる場所でも安心して使えます。本体の大きさは約122.5×91×72.5mm(幅×高さ×奥行き)、重量は約678g(バッテリーとSDカード込み)。

もう一つの特徴であるバリアングル液晶は、液晶パネルと保護カバーの間に樹脂を充填したエアギャップレス(ダイレクトボンディング)構造。内部での乱反射を抑えたことで、屋外など明るい箇所でもコントラスト向上を図っています。



さらに一眼レフではまだ珍しい、自分撮りをサポートする機能も搭載。液晶モニターを反転した状態でライブビュー撮影を有効にすると、本体手前側のWi-Fiボタンが自分撮り用シャッターボタンとなり、周囲のランプが点灯。本体を反対に向けた状態でも、本体を支えやすい持ち方でシャッターが切れます。



イメージセンサーはAPS-Cサイズ、有効約2012万画素。先述のように解像感を優先して光学ローパスフィルターレス仕様。さらにモアレなどが気になる被写体の場合は「ローパスセレクター」で対応できます。これは手ブレ補正機能を応用し、露光中にイメージセンサーを微少駆動させて偽色やモアレを軽減する、上位モデルK-3で評価の高い機能です。

さらに画像処理エンジンはK-S1と同じく、最新世代の『PRIME MII』。センサー性能と相まって最高ISO感度も51200と高く、暗所撮影でも強い仕様。さらに画像処理としては、人間の視覚特性にあわせた立体感のある描画を可能にする「明瞭強調」技術を新たに採用。質感まで細やかに表現するリアリティあふれた画像に仕上げることが可能とアピールします。

また光学ファインダーは視野率100%仕様、シャッター速度は最高6000分の1秒、連写性能は最高約5.5コマ/秒など、基本性能も高レベルです。



隠れた特徴が、18-50REレンズキット同梱の標準ズームレンズ『smc PENTAX-DA L18-50mm F4-5.6 DC WR RE』。防滴構造ながら、新開発の沈胴機構により収納時の長さが約41mmと短く、携帯性が高い仕様である点がポイント。こうした点からデジタル一眼レフカメラ用の標準ズームレンズにおいて世界最薄をアピールします。



レギュラーモデルの本体カラーは3種類で、ブラックとホワイト、そしてブラック×オレンジ。とくにブラック×オレンジはオレンジ色を底面部カバーのみに配置した新機軸のカラーリングです。



さらにペンタックス製品でおなじみの「オーダーカラー受注サービス」による専用カラー計7色も用意。まずは「ネイチャーコレクション」としてフォレストグリーン、デザートベージュ、ストーングレーの3種類を用意。



さらに「スポーツコレクション」として、ブラック×ピンク、ホワイト×ライム、ブラック×レーシングストライプ、ホワイト×レーシングストライプの4種類が用意されます。
オーダーカラーモデルの受注開始は2月10日で、発売日はレギュラーカラーと同じく3月6日です。



本機は2014年9月に発売されたK-S1の上位モデルとなりますが、S1で特徴的だったグリップ部のLED列などは姿を消し、基本的なデザインとなりました(K-S1のデザインに関しては、下記の発表時記事を参照ください)。
本モデルはデザインの系統こそ異なるものの、防塵防滴ボディをはじめ、基本性能は上位機らしくより充実した仕様に仕上がっています。

リコーイメージング、光るデジタル一眼レフK-S1を発表。多数のLED点灯でカメラの状態を表示

先行して参考展示を発表した35mmフルサイズセンサー搭載モデル(下記記事参照)と合わせて、12日から開催されるCP+2015でも注目モデルとなることは間違いなさそうです。

リコー、ペンタックスの35mmフルサイズ機を開発発表。対応レンズ2本と合わせCP+に出展




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: RICOH
関連キーワード: CP+2015, dslr, k-s1, k-s2, pentax, pentax k-s2, ricoh imaging
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents