2月16日、VAIO株式会社がVAIOファンのために実施した新製品お披露目イベント「VAIO meeting 2015」より。会場にはWebでの事前申し込みで当選したVAIOファンを招いたほか、ニコニコ生放送をオンラインで視聴したファンも加わり、非常に熱いイベントとなりました。

今回はこのイベントのオープニングとなった、VAIO Z商品企画担当の黒崎大輔氏によるVAIO Z開発コンセプトと概要解説についてお伝えします。

VAIO Z 設計コンセプト紹介 (VAIO meeting 2015)

すべての写真を見る

17 枚




壇上に立った黒崎氏は、まずは新VAIO Zのコンセプトに付いて触れ、従来のシリーズから共通してきた「使うユーザーにとっての『究極の道具』でありたい」というコンセプトに則って設計したものであると口火を切ります。



ここで現状でのノートPC想定ライバルとしてM、つまりMacBookシリーズを挙げて、「Windowsのモバイルノートには、MacBook Proのような性能とモビリティのバランスとなる製品が実はなかった。なので我々はVAIOの歩む道として、MacBook Airよりモビリティが高く、Pro以上の性能を持った製品を作ろうと考えた」と紹介。



それに対する開発テーマ(社命)を「モンスターをつくれ」としたことをアピール。しかし「私たちとしても持てる技術を発揮できるモンスターPCを作りたかったのですが、本当にユーザーが付いてきてくれるのかが問題でした」と続けました。





「しかし、VAIO独立後にWebで実施したアンケートによって、ユーザーからもっとも期待されていたのがVAIO Zの後継であった点や、アンケートに寄せられた応援コメントでも『VAIOはやっぱり尖っていないと面白くない』といった声があった」と、VAIO独立後と初となる新設計モデルは、ユーザーの声があって作れたモデルである、と感謝を述べました。





続いてVAIO Zの特徴として、高速レスポンスと15時間以上(JEITA 2.0測定法)駆動可能なバッテリー、そしてフリップ式の2-in-1といった提案型機能という3つの大特徴を盛り込んだと紹介。



そして(OEMやODMではなく)自社の安曇野工場で設計・製造を行った点や多くの部品をカスタム設計したことで、基本性能のみならず触感などの品質も追求した点も強調しました。

またシリーズ名に関しても、今回の「Z」は独立して初めてゼロから作ったことから、従来の最終・究極という意味合いだけでなく、Zeroの頭文字としての意味も込めた点などに触れ、「馬鹿じゃねぇのと思われるぐらいのこだわりを詰め込んだモデルです」とアピール。



「Z CanvasことPrototype Tablet PCのほうは昨年からイベントなどで公開していましたが、Zは納得のいくまで作り込んでいたため(公開できなかった)」と、その作り込みについても自信を述べました。

次にいろいろな意味で話題となっているVAIO Zの外観について触れ、「見たことあるデザインだな、って言わないでくださいね(笑)。中身は(VAIO Fit Aシリーズと)全然違います。簡単に言うとジムがガンダムになった、またはザクが赤くなった感じです」と紹介。

余談ですが、この「外観が(ソニー時代の既存モデル)VAIO Fit Aシリーズにそっくり」という話は、このあともネタとして何度か使われており、いろいろなところでツッコミを受けたのだな、と思わせるものでした。



製品の完成度に関しては、「価格を除いては現時点で私たちの考える完璧なPCに仕上がっていると思います。価格に関しては、今回は高密度化や質感の向上のために多くの専用部品を起こしているため高くなってしまった」と触れ、価格の高さに関しては若干自虐ギャグ的に紹介しつつも、それによる質感の向上や細かなこだわりに関しては強い自信を持っていることが覗えました。

またフリップ画面による変形機構については、「ここに来ているファンからも『その機能はいらなかった』という声があるのは知っています。ですが(こうしたフォームファクターの変化は)これからのPCの新しい可能性でもある。一緒にチャレンジして欲しい」とアピールしました。

続けて「私たちは独立して『自由だ。変えよう。』というキャッチを掲げたが、それは今回のミーティングでも発揮されています。私たちはもっと意見を聞きたいので、VAIOファンの方々にも商品開発にどんどん関わってもらいたい」と呼びかけました。

なお、同ミーティングでは他にもトークセッションとして、目玉的コーナーとなったVAIO Z 徹底分解、そして週刊アスキーの協力によるトークセッション『自由だ。決めよう!!』VAIO次期モデル決定超会議といったコーナーも開催されました。これらも別記事として紹介していますので、よろしければご参照ください。

VAIO Z設計者が解体する『VAIO Z徹底分解』レポ。開発名は神龍、Fitからは99%新規設計



またミーティングの最後は、参加者へのプレゼント抽選も実施。発表会用に作られたキャッチコピー入り展示パネルや、実質特等となるイベント刻印入りのVAIO Zも、1名のみですがプレゼントされました。



こういったイベントでの抽選会自体は昨今珍しくありませんが、発売と同時にPCがプレゼントされる太っ腹さはかなり異例です。黒崎氏によるプレゼンも非常に熱く、今回のイベントに、そしてVAIO Zシリーズに掛けるVAIOの気概、そして自信が窺い知れるプレゼンと抽選会だったと呼べそうです。

VAIO ZとFit 13Aの差は「ジムがガンダムになった感じ」。企画担当が開発コンセプトを解説
広告

0 コメント

広告