Sponsored Contents

Olympusの最新記事

Image credit:
Save

OLYMPUS STYLUS SH-2 発表。光学24倍、夜景モードを強化した PEN Fシリーズ風コンパクト

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年3月13日, 午後06:10 in Olympus
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
オリンパスが、光学24倍ズームを搭載するコンパクトデジタルカメラ STYLUS SH-2 を発表しました。STYLUS SH-1 に引き続き、1963年に発売されたフィルムカメラ OLYMPUS PEN F シリーズを模したデザインを踏襲。新しく夜景撮影機能の追加などを施しています。
 
 

特徴は光学24倍(35mm換算で広角25mm ~ 望遠600mm)ズームレンズを搭載し、超解像ズームでは最大48倍の撮影が可能なところ。また24倍ズームを使いつつ被写体に約40 cm の距離まで接近撮影できる「24倍テレマクロ」機能を搭載します。
 

 
STYLUS SH-1 において「静止画ではコンパクトカメラ世界初、動画ではデジタルカメラ・ビデオカメラ含めて世界初」と自慢していた、光学式5軸の手ぶれ補正機能も引き続き搭載しています。

新機能としては「夜景キャプチャーモード」を搭載。そのうち「夜景&人物モード」は通常ならフラッシュを使わなければならないようなシチュエーションでも、被写体と人物を自然な雰囲気で撮影可能。「手持ち夜景モード」では1度のシャッターでフラッシュを含む複数の画像を撮影し、合成することで全体に美しい写真を作ります。
 
 
「夜景キャプチャーモード」ではほかに打ち上げ花火用のモードや夜景と星空を同時に映し込むライブコンポジットモードなどを備えます。
 
 
撮像素子は有効1600万画素、1/2.3型の CMOS センサー。画像処理エンジン「TruePic VII」を搭載し、RAW 記録も可能です。感度は ISO 125~6400。連写は11.5コマ/秒。

背面液晶はタッチ対応の3型46万ドット TFT カラー液晶。WiFi 機能とスマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share」によって、写真の転送やスマートフォンの画面でカメラの映像を見ながら撮影といった操作も可能です。

動画は最大 1920x1080/60p、記録方式は映像が MOV/H.264。音声はステレオリニア PCM。1280x720 解像度で120fps、432x324 解像度で 240fps のハイスピード撮影にも対応します。

ユーザーが使用可能な37MB の内蔵メモリーを備えるほか、記録メディアは SD /SDHC /SDXC。UHS-I に対応し、Eye-Fi カードも使えます。

本体大きさは108.8 x 63.2 x 42.4mm、バッテリーと SD カードを含む重量は271g。バッテリー型番は LI-92B。本体カラーはブラックとシルバーをラインナップ。

発売日は4月10日。オープン価格ですが、税別の店頭予想価格は3万7000円前後。
 
なお、STYLUS SH-2 は SH-1 と同じ本革ジャケットが使用可能。カラーはブラックとライトブラウン。税別価格は6000円。同じく本革のショルダーストラップやハンドストラップも用意されます。
 



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Olympus
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents