Sponsored Contents

cleanerの最新記事

Image credit:
Save

体験型店舗ダイソン表参道が4月17日にオープン。分解モデル展示や店頭キャンペーンなど実施

Shinichi Sekine, @sekine_s
2015年4月16日, 午後09:35 in Cleaner
2シェア
0
2
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

ダイソンは、世界初の旗艦店 Dyson表参道を4月17日にオープンします。

店内には掃除機、扇風機、加湿器、空気清浄機などの現行機種を展示するほか、発売前のロボット掃除機も実機を展示しています。また、分解モデルの常設展示も行っており、新製品を発表した際には展示を入れ替える予定もあるとのこと。

店舗所在地は東京都港区北青山3-11-7 Ao 1F。営業時間は11~20時。

Gallery: Dyson表参道 | 24 Photos

24


店舗内部は黒と白を基調とした落ち着いた雰囲気で統一しており、壁面には同社製品のテクノロジーを紹介する映像が投影されています。6つのテーブルには各カテゴリの製品が展示され、自由に試すことができます。値札のたぐいはなく、ショールーム的な側面が強く出ている店舗です。

2014年9月に発表したダイソンEye 360ロボット掃除機の実機が展示されていました。発売時期は引き続き未定です


ダイソン代表取締役の麻野信弘氏によれば、現在のダイソンにとって最も大きな市場はアジアであり、その中でも日本は1,2を争うほどのマーケットに成長したとのこと。旗艦店の立地は当初、銀座と表参道が候補に挙がっていたそうですが、最終的には若年層からシニアまで幅広い年齢層が集まる表参道を選択したといいます。

ジェームズ・ダイソンはプレスイベントで流されたビデオの中で、単に見て選ぶだけだけではなく、体験を通して機能を理解できる工夫を施した、体験型の店舗とした旨のメッセージを寄せていました。

ロボット掃除機の分解モデル。センサやモーターなど各部品を間近で見られます



ジェイク ダイソン ライトは、現行機種のCSYSシリーズを展示。独特の直線的なギミックを試せます


店舗の中心には掃除機を試せるコーナーを設置。さまざまな種類の擬似塵と床を用意しており、使い心地を試せます

このほか、店頭でのイベントやキャンペーンを常時展開していく予定です。

4月17日(金)のオープン当日からは、ダイソンの現行機種が当たる「100のダイソンプレゼント」キャンペーンを実施予定。7月25日(土)までの期間中に来店し、参加フォームに記入すると渡されるカードキーを専用のリーダーにかざすと、当選の場合のみダイソンの現行製品のうちどれかが当たるもの。

また、ダイソンジャパンの公式TwitterをフォローするかFacebookに「いいね」をした来店者のうち先着2500名に、オープン記念ギフトを進呈するキャンペーンも同時開催します。

いずれのキャンペーンも、用意分のカードキーおよびギフトがなくなり次第終了しますので、ほしい方はお早めに。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cleaner, dyson, light, shop
2シェア
0
2
0

Sponsored Contents