Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Huluがゲーム『MYST』をドラマ化。映画『ミュータント・タートルズ』脚本家が執筆

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年5月7日, 午前11:47 in Cyan Inc
22シェア
0
22
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
 
動画配信サービスの Hulu が、1990年代ゲームのヒット作「MYST」を原作としたドラマを企画しています。制作者は映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのマット・トルマック、脚本には『ミュータント・タートルズ』のエヴァン・ドーハティが参加しています。

 
MYST といえば、緻密なポリゴングラフィックで描かれた世界をマウスカーソルのポイント&クリック操作で探検するアドベンチャーゲーム。レトロフューチャーな世界観や、当時の PC としては驚異的なグラフィックスで多くのファンを獲得しました。プレイ中に突然「お前は誰なんだ...?」と本の中から話しかけられ、ドキッとしたのを覚えている人もいるはずです。

映画関連ニュースサイト Deadline によると、Myst の TV シリーズ制作は映画『アメイジング・スパイダーマン』のマット・トルマック。脚本は日本では2月に公開された『ミュータント・タートルズ』や『スノーホワイト』を書いたエヴァン・ドーハティが担当しています。

コアな MYST ファンにとっては、あの幻想的な世界がどのように映像化されるのか、またほとんど登場人物が現れない原作をどうやってドラマに仕立てあげるのかが気になるところです。

なお、ドーハティは MYST の企画に興味があったとしているうえ、さらに同じ90年代のゲームを原作とした映画『トゥームレイダー』リブート作の脚本も担当していることから、当時のゲーム事情には詳しいことがうかがえます。TVシリーズが、MYST の世界をよく理解した脚本でファンも納得のドラマに仕上がることを期待したいものです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

22シェア
0
22
0

Sponsored Contents