Sponsored Contents

musicの最新記事

Image credit:
Save

パイオニア、クルマ向け音楽ストリーミングMusic Cruise Channel発表。季節や気分に合わせて自動選曲

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年5月8日, 午後05:17 in Music
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 
パイオニアとレコチョクが、自動車向けの定額制音楽ストリーミングサービス『ミュージッククルーズチャンネル』を発表しました。パイオニアのカーナビ製品と専用スマートフォンアプリの組み合わせにより、音楽を事前に用意しなくても100万曲を超える楽曲を車内で楽しめます。
 
 

パイオニア調べによると「ドライブ中の音楽は一定数の楽曲を持ち込んで繰り返し聴く」ことが多いものの、一方で9割のユーザーが「クルマの中で普段あまり聴いていない曲を聴きたい」と感じているとしています。

そこでパイオニアは、国内の音楽配信サービスであるレコチョクと協業し、ドライブ前に楽曲を用意する必要のない自動車向け音楽ストリーミングサービス『ミュージッククルーズチャンネル』を立ち上げました。ミュージッククルーズチャンネルでは、専用のスマートフォンアプリが自動的にパイオニアの カロッツェリア サイバーナビ シリーズ と Bluetooth 接続し、センターコンソールのタッチパネル上で操作が可能です。

楽曲はレコチョクが運営する定額音楽ストリーミングサービス「replay」からスマートフォンの回線を通じて提供。パイオニア独自のレコメンド技術でその時の気分や好み、季節といったシチュエーションに合わせた楽曲を自動的に選曲します。ほかにもヒット曲ばかりを集めたチャンネルや、アーティスト別、テーマ別といった数十種のチャンネルがあり、常に耳に新しい楽曲が聴けます。
 

 
再生時の便利な機能としては、楽曲の歌詞をカラオケ風にスマートフォンやモニターに表示できるほか、ボーカルをカットする BGM モード、楽曲の繋ぎ目を自動解析してノンストップミックス再生する MIXTRAX 機能などを搭載します。

ミュージッククルーズチャンネルに対応するのはパイオニアの カロッツェリア サイバーナビ シリーズの最新機種 AVIC-ZH0999LS /VH0999S /ZH0999WS /ZH0999S /ZH0999L /VH0999 /ZH0999W /ZH0999 の8モデル。またミュージッククルーズチャンネル専用アプリが対応するのは iOS 8 以降および Android 4.2 以降。

家族またはグループでドライブやレジャーに出かけるとき、あらかじめ全員の好みにあわせた楽曲を用意するのは至難の業です。しかしミュージッククルーズチャンネルならその時々で旬のアーティストや曲を自動選択できるうえ、その場の雰囲気に合わせてだれもが納得の選曲ができそう。少なくとも、うっかり個人的趣味まる出しの楽曲しか用意せずに ひんしゅく を買う事態は避けられるはずです。

なお、ミュージッククルーズチャンネルを使うには「replay」への登録が必須条件。料金は年額3000円ですが、ミュージッククルーズチャンネルユーザーは最初の1年間は無料です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Pioneer(PDF)
Coverage: Pioneer
関連キーワード: music, music cruise channel, pioneer, recochoku
1シェア
0
1
0

Sponsored Contents