Sponsored Contents

aquosの最新記事

Image credit:
Save

AQUOS EVER SH-04Gインプレ:機能を抑えた普及モデル。赤外線通信機能搭載

Shinichi Sekine, @sekine_s
2015年5月14日, 午後12:00 in Aquos
1シェア
0
1,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

シャープがNTTドコモ向けに発表した2015年夏モデルのスマートフォン2機種のうち『AQUOS EVER SH-04G』のインプレッションを掲載します。同時発表されたAQUOS ZETA SH-03Gの下位機種としてラインナップに加わった機種で、ドコモではガラケーからスマホへ切り替える最初の機種として位置付けています。

Gallery: ドコモAQUOS EVER SH-04Gインプレッション | 8 Photos

8


機能をSH-03Gと比較すると、生体認証やフルセグ、IGZOを非搭載としたほか、ハイレゾ音源の再生も非対応となっている一方、赤外線通信機能を搭載するなど、ガラケーからの移行を意識したシンプルな構成になっています。




説明員によれば、上位機種のSH-03Gが搭載している機能・性能の一部を非搭載とすることで、初めてスマートフォンを使う人にも馴染みやすくするとともに、価格を抑えることも念頭に置いたといいます。画面サイズは5インチで、SH-03Gよりも0.5インチだけ小さくしています。PREMIUM 4Gにも非対応なので、下りの通信速度は下り最大150Mbpsに抑えられました(PREMIUM 4G対応機種は下り最大225Mbps、上り速度は同等)。

主な仕様は、Snapdragon 400クアッドコア(MSM8926/1.2GHz)、2GB RAM、16GB内蔵ストレージ、電源容量は2450mAh。OSはAndroid 5.0。FeliCa、NFC、VoLTEに対応します。

カメラは背面13.1MP、インカメラは2.1MP。ZETAの旧モデルで好評だったという構図アドバイス機能『フレーミングアドバイザー』を装備。液晶のバックライトやカラーフィルタを新開発の部材とすることで、特に青の発色が向上しました。ボディカラーはゴールド、ピンク、ブラック、ホワイトの4色。発売は6月中旬。

インカメラは下部に搭載

写真を撮る際に、被写体に合わせたガイドを表示するフレーミングアドバイザー

SH-04G(左)と2014年夏モデルのSH-04F(右)。青の発色が向上している

AQUOS ZETA SH-03Gとの差異はいくつかありますが、機能面では生体認証やハイレゾ音源再生といったリッチな機能を非搭載とする点が大きいでしょう。基本スペックの面でもカメラや内蔵ストレージ、バッテリー、液晶画面などに差異をつけられています。

実際にSH-03GとSH-04Gを触った印象では、動作や画面の見え味などに遜色はなく、機能面でも基本的に無くてはならない機能が無いというわけでもないので、下りの速度やバッテリーの保ちなどが気になったり、ヘビーに使う気がなかったりするのであれば、SH-04Gでも十分と見ることはできます。

このあたりは、発売された段階で両者の価格差がどれほどになるかによって選ぶことになりそうです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: aquos, AQUOS EVER SH-04G, docomo, smartphone
1シェア
0
1,"likes":0
0

Sponsored Contents