Sponsored Contents

honor6plusの最新記事

Image credit:
Save

速報:ファーウェイが honor6 Plus 日本発売。デュアル8MPカメラで撮影後ピント合わせ可能。税別4.5万円

Takahiro Koguchi, @TKoguchi787
2015年5月20日, 午前11:30 in Honor6Plus
165シェア
0
165
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View


HUAWEI SIMロックフリービジネス記者発表会より。ファーウェイは自社スマートフォン honor6 Plusを6月中旬に国内発売します。

主な特徴は背面に2つの800万画素カメラを搭載した「ダブルレンズ」構成で、撮後のピント合わせが可能な点など。販売価格は4万5800円(税別)



プロセッサはファーウェイが投資したチップセットメーカー HiSilicon製の Kirin 925。ARM Cortex-A15 1.8GHzとCortex-A7 1.3GHzを組み合わせたbig.LITTELEオクタコア構成です。

ディスプレイはジャパンディスプレイ製の5.5インチ 1920 x 1080 IPS-NEO液晶。

RAM容量は3GB、ストレージ容量は32GB(microSDXC 128GB対応)。バッテリーは大容量の3600mAh。

カメラは背面に800万画素カメラ(F値 2.0)を2つ備える『デュアルレンズ』構成。カメラを2つ搭載することで、撮影後のピント合わせや絞り変更が可能なほか、レンズ視差による0.1秒超高速ピント調整や、肉眼よりも明るいF値 0.95相当を実現します。また2つの800万画素カメラで撮影した写真を合成して、シングルレンズ撮影よりも深みのある約1300万画素写真の生成が可能であるとしています。フロントカメラは800万画素でF値2.4です。

カラーはゴールド、ホワイト、ブラックの3色展開。

ネットワーク機能はLTE/WCDMA/GSMに対応。対応バンドは下記の通りです。なお日本国内で発売するモデルもデュアルSIMスロット構成(Micro SIM プラス nano SIM)をとります。

  • FDD-LTE:Band 1,3,7 (Cat.4)
  • TDD-LTE:Band 38,39,40,41 (Cat.4)
  • UMTS:Band 1,6,8,19
  • TD-SCDMA:Band 34,39
  • GSM:900/1800/1900MHz
本体サイズは75.7 x 150 x 7.5mm、質量165g。

OSはAndroid 4.4 Kitkat with Emotion UI 3.0。

honor6 Plusは、HUAWEIの公式オンラインストア『楽天市場 Vモール』限定で6月中旬発売予定。5月20日予約受付開始。SIMロックフリーで販売され、価格は税別4万5800円です。





国内MVNOでは楽天モバイルが独占的に取り扱います。



楽天モバイル代表取締役副社長『これまで格安スマホと括られてきた端末とは一線を画す、フラグシップモデル


またhonor6 PlusではViberや楽天でんわなど楽天アプリをプリインストール。

honor6 Plusは、楽天市場のHuawei公式オンラインストア Vモール限定での発売ですが、楽天の一部実店舗でも実機展示&購入申し込みを受付けます。



また7.0インチのWi-Fiタブレット「MediaPad T1 7.0」を6月末以降に発売。価格は9980円(税別)



またhonor cubeを5月20日に発売。こちらはHDDを内蔵しWi-Fiルータとしても使えるホームデバイスで、スマートフォンやパソコン、デジタルカメラ等に保存した写真や動画、音楽などをHDDに読み込み、ネットワーク経由で家庭内のスマートフォンやタブレットなど様々なデバイスで楽しめます。

価格はハードディスク1TB内蔵モデルが1万9800円、ハードディスク非搭載モデルが1万2800円です。

(更新中)




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: honor6plus, Huawei, vmall
165シェア
0
165
0

Sponsored Contents