Sponsored Contents

cameraの最新記事

Image credit:
Save

フリースタイルカメラFR-10更新。5秒間隔撮影や歪み抑制、タイムラプスなど使い勝手向上

Ittousai, @Ittousai_ej
2015年5月21日, 午前03:42 in Camera
52シェア
0
52
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


カシオがセパレート式フリースタイルカメラことEXILIM EX-FR10 のファームウェアをバージョン2.00に更新しました。

これまで最短15秒間隔だったインターバル撮影に最短5秒間隔設定を追加したほか、インターバル撮影中にもモニタでライブビュー確認と手動撮影に対応、歪みを抑制する「スポーツモード」追加など、インターバル撮影関連の機能を強化。

また動画手ぶれ補正の強化、オンスクリーンメニューからWi-Fiモードの起動など、使い勝手を大幅に改善します。


Gallery: EX-FR10 | 24 Photos

24
カシオEXILIM FR-10は、レンズ(カメラ本体)とモニターが分離するセパレート式の新発想カメラ。防水防塵耐衝撃のタフ仕様と広角レンズを備え、アタッチメントでさまざまなところにカメラ部を設置して撮影できます。

いわゆるアクションカメラ的に使えつつ、分離するモニター部でライブビューを確認しつつ手動撮影したり、手元で確認しつつ設定変更などを操作できる点が特徴です。

最近は大抵のカメラがWiFiに対応しモバイルアプリでのライブビューやリモート操作ができるため、専用のモニタ部は一見無駄のように思えますが、FR-10ではカメラとモニタがBluetoothで1:1接続している点がポイント。

一般的なWiFi対応カメラの場合、まずカメラを無線モードにする、スマホの無線接続先をカメラに変更する、アプリを開くといった手間がありますが、FR-10では電源を入れてすぐにリモートライブビューで撮影できます。

Gallery: EXILIM EX-FR10サンプル写真 | 8 Photos

8


ファームウェア2.00での主な更新点は、これまで最短15秒間隔だったインターバル撮影に5秒を追加、インターバル撮影中のモニタ確認や手動撮影、歪みを抑えるスポーツモード追加など。



従来はインターバル撮影が始まるとなぜかモニタが消えて終了以外に選べなかったため、最短の15秒間隔に設定しても、意識して撮りたい対象がある場合は最大で15秒ほどカメラを向け続けてフレームに収まっていることを祈るしかありませんでした。

スポーツモードはインターバル撮影時に画素数を下げてCMOSセンサによる歪みを抑える機能。名前はスポーツモードですが、従来は特にアクティブなスポーツでなくてもカメラが動いてしまえば豪快に歪んだため、ぐんにょりに悩まされたユーザーにはありがたいモードです。

タイムラプスは、インターバル撮影した画像を継ぎ合わせて動画を生成する機能。多数の写真から動画を生成するツールはいろいろありますが、本体側で生成できるようになったのは便利です。

ほか動画手ぶれ補正強化、ダイナミックレンジ拡大、顔検出のフォーカス精度向上など全般的な撮影品質の向上も図っています。

「コントローラー部のアイコン操作だけでスマートフォンやタブレットとWi-Fiで接続可能に」は、ほかの一般的なWiFiカメラのユーザーにはあまり通じなさそうな改善。FR10はカメラ部とタッチモニタ兼シャッターボタン部を分割可能にしたことで、レンズから離れて手元操作できることがコンセプトのはずですが、従来はWiFi接続の開始にはなぜかカメラ本体側で物理ボタン同時押し操作が必要でした。

新機能や大きな性能向上というよりも、ソフト側の作りこみが足りず不可解な仕様のまま世に出てしまった部分の修正が主とはいえ、ユーザーには改めてFR10を使いたくなるうれしいアップデートです。

公式の更新点リストはこちら。

撮る

●インターバル撮影に5秒・30秒・1分の撮影間隔を追加
●インターバル撮影中もモニターを確認しながら手動で静止画・動画の撮影が可能に
●インターバル撮影時に、画像サイズを抑え、速い動きでも歪みにくい撮影が可能なスポーツモードを搭載
●動画撮影時の手ブレ補正機能を強化
●ダイナミックレンジの改善により白とび・黒つぶれを防止
●顔検出時のフォーカス精度を向上させ、より被写体をキャッチしやすく

観る

●撮影した静止画を使って時短ムービーを作成するタイムラプス機能を追加
●彩度・輝度のバランス調整により液晶モニターの画質をアップ

シェアする

●コントローラー部のアイコン操作だけでスマートフォンやタブレットとWi-Fiで接続可能に

その他

●再生モードでの連続画像削除に対応
●ハイライトスコアの連続アップ・ダウンに対応
●コントローラー部がスリープモードになるまでの時間が設定可能に




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: CASIO
関連キーワード: camera, casio, exilim, EXILIM EX-FR10, FR-10
52シェア
0
52
0

Sponsored Contents