Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

GoPro16台で撮る360度カメラアレイ発表。Google JUMP対応 VR コンテンツ制作向け

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年5月29日, 午後08:30 in Google
164シェア
0
164
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
GoPro が16台の GoPro を放射状に装着し、360度映像を撮影するカメラマウント「GoPro 360 Camera Array」を発表しました。取り付けられた GoPro 群は1台のカメラとして機能し、撮影した映像は YouTube などで360度映像として簡単に再生できるほか、Google の簡易 VR ヘッドマウントディスプレイ「CardBoard」などで楽しむこともできます。
 

Gallery: GoPro 360-degree camera array | 8 Photos

8

 

360 Degree Camera Array は、Google が発表した360度 VR 映像作成システム「JUMP」対応のカメラシステム。Google と GoPro の共同開発による製品です。

Jump システムで360度映像を作るには、まず元となる映像を撮影します。そして Assembler と称するスクリプトで各カメラの映像を合成し、YouTube などへアップロードします。

360度映像は PC 用ブラウザーで再生すれば、マウスで視点をグリグリと動かして楽しむことが可能。さらにダンボールを組み立てて使う VR ヘッドマウントディスプレイ「Google Cardboard」と大きめのスマートフォンを使えば、頭の向きを変えるだけ視点移動ができ、よりリアリティある映像世界に没入できます。

難点は、見てのとおり16台もの GoPro が必要になるところ。たとえば GoPro HERO4 をアマゾンで購入する場合、記事執筆時点の価格はシルバーエディションでも1台約5万4000円。16台購入すれば合計で86万4000円に達します。RICOH THETA や KODAK SP360 が3~4万円で購入できるのに対していささか高額すぎる気もしないでもありませんが、それだけ素晴らしい映像が期待できるのであればプロ用としての需要もあるのかもしれません。

なお、Google はまず数名の YouTuber にこの360 Degree Camera Arrey を与え、コンテンツを制作してもらう意向とのこと。どんな映像が作られるのかにも注目したいところです。

GoPro 360 Camera Array の発売時期は年内の予定。

下には、どこか田舎の駐車場で四輪珍走団に取り囲まれた気分を味わえる360度サンプル映像を掲載しました。
 




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Google JUMP
164シェア
0
164
0

Sponsored Contents