Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

ASUSがZenPad S 8.0発表。縦横比4:3の8型QXGA液晶とAtom Z3580、4GB RAM搭載の高速タブレット

Shingi Hashimoto
2015年6月1日, 午後03:45 in Android
453 シェア
75
181
22
26
149

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



ASUSがCOMPUTEX TAIPEI 2015に合わせた新製品発表会で、新型AndroidタブレットとなるZenPadシリーズを発表しました。7インチと8インチ、10.1インチモデルがラインナップされる、従来モデル『MeMO Pad』の代替となるシリーズです。登場時期と価格は現時点では未定。

中心的モデルは、8インチのQXGA(2048×1536)解像度対応液晶パネルを搭載した『ZenPad S 8.0』(写真左)。SoCにはZenFone 2上位と同じくインテルのAtom Z3580に加え、メインメモリも4GBを搭載。薄さ6.6mm、重量298gです。

Gallery: Asus ZenPad S 8.0 and 8.0 hands-on | 17 Photos

AV機能の面では、電子書籍などで有利な縦横比4:3(横置き時)の液晶パネルに加え、DTSと協業したバーチャルサラウンド機能を搭載。8インチタブレットとしては比較的珍しいフロント配置のスピーカーもポイントです。

さらに別売りのペン『Z Stylus』を併用することで、1024段階の筆圧検知機能にも対応します。



シリーズの他モデルとしては、デザインを同一とするAtom X3搭載の下位モデル『ZenPad 8.0』に加え、ローエンドとなる7インチモデルも用意。こちらの画面解像度は横置き時1024×600ドットです。
さらにオプションとしてキーボードが用意される10.1インチモデルも用意されます。

ZenPad S 8.0は、SoCやメモリといった心臓部を既に評価の高いZenFone 2の上位モデルと共通としながら、タブレットでは便利なQXGA解像度液晶を搭載した仕様がポイント。実はAndroidでは珍しいiPad mini 2/3対抗モデルとして、さらにはハイエンドのAndroidタブレットとして、間違いなく注目となる存在でしょう。期待できそうな価格を含め、続報が楽しみなところです。

453 シェア
75
181
22
26
149

Sponsored Contents