Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

速報:Apple、OS X El Capitan発表。Spotlight検索強化や速度向上にフォーカス

Shingi Hashimoto
2015年6月9日, 午前02:14 in Apple
181シェア
0
181
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


Appleが開催中の開発者会議、WWDC 2015で最初に発表されたのは、Mac用となるOS Xの新バージョンでした。名称はEl Capitan。開催されたデモではSpotlight検索の強化や、トラックパッドのスワイプ操作などに対応したウィンドウ管理機能の強化、アプリケーション切り替えやPDFプレビューの速度アップなどが特徴として紹介されました。

登場時期は、パブリックベータ版は7月に公開予定で、一般ユーザー向けの無償アップグレードは今秋と発表されました。開発者向けには本日から公開されます。



講演で大きくアピールされたSpotlight検索では、自然言語検索に対応した点が特徴。講演では英語ではありますが、「金曜日の天気」や「ブライアンから来たスライド」など、複雑な検索条件でも検索が可能な点をアピールしました。また日本語版公式ページの紹介でも「4月に高尾さんから来たEメール」といった例が挙げられていますので、日本語対応もなされているようです。



さらに関連情報として挙げられる範囲や検索元となるソースも広がっており、例えば特定スポーツチームを検索した場合、試合結果や試合日程、チームの順位、選手の情報などを検索可能です。

またいくつかの標準アプリでトラックパッドのジェスチャー操作を増加した点もポイント。例えばメールアプリでは、スワイプすることで不要メールを削除するなど、iOSと似たジェスチャーが使えるように拡張されています。



ウィンドウ管理機能では、ウィンドウを簡単に左右2分割表示可能な『Split View』が新登場。Windowsでのスナップ機能のOS X版とも呼べる機能ですが、フルスクリーン表示しているウィンドウに別のウィンドウをドロップするだけで自動で左右分割するなど、よりシンプルな操作が可能。

さらにMission Controlも強化。トラックパッドジェスチャー対応になっており、例えば一度のスワイプで、すべてのウインドウを一つの平面上に整列するといった操作が可能になっています。



もうひとつのトピックである速度向上に関しては、現行バージョンであるOS X Yosemiteとの、いくつかの比較が公表されました。

アプリの起動速度が最大1.4倍速になった点をはじめ、アプリケーション間の切り替え速度が最高2倍、プレビューでのPDF表示速度では最大4倍など、頻繁に使う操作が高速化されている点をアピール。



さらにグラフィックスに関しては、iOSに先行搭載されていた新グラフィックスAPI『Metal』のMac版を新採用。API内で使われる「Drawcall」命令では、Metal非搭載のYosemiteに対して最大10倍速になる点が公開されています。

このあたりは、Windows 10で採用されるDirectX 12と近い実装と見込まれるため、とくに対応アプリでの3Dグラフィックス速度で向上が見込めます。





実際に基調講演では、Epic GamesがMetalベースで書かれたアプリの例として、現在開発中のタワーディフェンス系アクションゲーム「Fortnite」のMac版をデモ。スムーズな描画をアピールしました。
合わせてMetalでは、グラフィックス描画時の無駄な処理が省けることで電力効率が改善。結果としてバッテリー駆動時間延長に繋がる点もアピールされています。






加えてApple公式ページでは、日本語版において4種の日本語フォント追加や、標準日本語IM(インプットメソッド)のライブ変換(自動変換候補表示)などが新機能として搭載される点が公開されています。このあたりは日本のユーザーにとって非常に重要な箇所ですので、Yosemiteからの使い勝手は米国版以上に変わりそうです。

このように、OS X El Capitanは、トラックパッドの操作性などでiOSとの整合性を一段と高めただけでなく、各所に大胆なアップデートを盛り込んだ改変という印象。近年のOS Xアップデートの中でもかなりの規模となりそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Apple
181シェア
0
181
0

Sponsored Contents