Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

​速報:iOS 9では標準アプリも強化、ニュースクリップ新アプリ『News』や乗り換え案内機能など

Shingi Hashimoto
2015年6月9日, 午前03:03 in Apple
91シェア
0
91
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View



Appleの開発者向けイベントWWDC 2015の基調講演より。今回の講演では、iOS 9で新しく搭載された、また大幅に強化された標準アプリについても長い時間を使っての紹介がなされました。

新規に搭載されるアプリは『News』。いわゆるニュースクリッピングアプリのApple標準版です。また、ウワサされていたマップへの公共交通機関乗り換え検索も提供。さらに標準メモアプリ『Notes』は、Webからのクリッピングや写真貼り込みなどに対応し、大幅にパワーアップします。

Gallery: Apple's News app | 9 Photos

9




注目の新アプリであるNewsは、ニュースクリッピング(またはニュースキュレーション)用アプリ。平たく言えば、Flipboardやグノシー、スマートニュースのライバルとなる位置づけです。現時点では米国、英国、豪州からの提供開始とされています。

基本操作としては、アプリを初回起動すると、使用可能なニュースソースの一覧が表示されるので、それらを選択。あとは起動するだけで、ユーザーの設定に合わせてカスタマイズされたニュース一覧が表示されるという趣向です。



このように、機能としては既存のニュースクリップアプリを逸脱するものではなさそうですが、いろいろな意味でAppleらしさを感じるのは、文字や写真のレイアウトへのこだわり。講演のデモではレイアウトは雑誌的な見やすさを保っている点や、画像やフォントなどの美しさをアピール。



また、検索機能がソースを横断して使える点も紹介。「Swift」で検索すると、ミュージシャン・女優であるテイラー・スウィフトの記事とAppleのSwift関連ニュースが合わせてヒットする様子などもデモされました(上記写真はそこからSwiftニュースを絞り込み、記事を表示した状態です)。

ニュースソースはApple独自のフォーマットに合わせた専用のフィードを用意する必要があり、既に英語版の開発者向け資料が公開されています。現時点での参入予定企業はNew York TimesやESPN、Bloomberg Businessなど、大手が中心です。







マップでは、以前よりウワサのあった乗り換え案内機能をついにサポートする点がポイントでしょう。講演のデモでは、ニューヨークで路線検索を実行。結果は徒歩と電車だけの組み合わせでしたが、機能としてはバスや地下鉄、フェリーなどにも対応し、当然ですが複数交通機関の横断検索も可能とのこと。

また、現在地などから近隣施設(レストランやカフェ、マーケットなど)を検索できるNearbyも新搭載。こちらはGoogleマップやFourSquareなどに類似した機能のようです。



ただし、乗り換え案内に関しては特定都市からの対応となります。講演では「各国の主要都市から対応」として紹介され、また中国では北京や上海などが列挙されましたが、現時点では日本の都市は紹介されませんでした。ここは対応情報が待たれるところでしょう。




そして大幅に強化されたのがNotes(日本版ではメモ)アプリ。基本となるテキストデータに加えて、手書き機能やまたチェックリストの作成、フォトライブラリからの写真貼り付けなどをサポート。SafariなどのWebブラウザから、写真やリンク(サムネイル付き)のクリッピングにも対応します。

データはiCloud経由で同期され、Macを含めた複数デバイスでの編集にも対応します。

いささか乱暴な表現ですが、WindowsにおけるマイクロソフトのOneNote的な、手書きや情報クリッピングを基本としたノートアプリへ変貌した印象。従来とはアプリ名こそ同じですが、機能としては別物です。





隠れた特徴と呼べそうなのが、iPad向けに拡張されたソフトウェアキーボード。iOS 8で搭載された予測変換機能QuickTypeに加え、コピーやペーストといった使用頻度の高いコマンドの専用ボタンがショートカットバーとして追加され、さらにキーボード上を2本指でドラッグすることで、(やっと)テキスト範囲選択やポインタの移動、スクロールが可能となります。

合わせてiCloudの2段階認証への対応や、OSアップデート時のファイル縮小についても紹介。「アップデートに必要な空き容量は1.3GBに留まる」との紹介もありました。


iOS 9はこのように、アプリ回りでも着実な、かつ「なんでこれがなかったのか」的なユーザーにとって重要なアップデートが含まれているのがポイント。
iPad一部モデルでのマルチタスクサポート(こちらもなんでこれがなかったのか、的な機能でしょう)なども含めて、アップデートしがいがありそうなバージョンとなりそうな予感です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, ios, ios 9, WWDC2015
91シェア
0
91
0
0

Sponsored Contents