Sponsored Contents

GR IIの最新記事

Image credit:
Save

リコー GR II発表。Wi-Fi / NFC搭載、エフェクト追加。約10万円で7月17日発売

Keitaro Higashihara, @ktrk
2015年6月19日, 午前09:30 in Gr Ii
113シェア
0
113
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View



リコーイメージングは、APS-Cサイズの大型イメージセンサーを搭載した高級コンパクトデジタルカメラ「GR II」を7月17日より発売します。市場想定価格は10万円程度(税別)。GRシリーズでは初めてWi-Fi / NFCを搭載し、エフェクトの追加など細かい部分もブラッシュアップされています。

「GR」といえば、リコーを代表するハイエンドクラスのコンパクトデジタルカメラ。2005年10月に発売された「GR DIGITAL」から数えると、今回の「GRⅡ」は第6世代目のモデルとなります。

初めてAPS-Cサイズのセンサーが採用された第5世代「GR」の完成度が非常に高かったためか、今回のアップデートではレンズ、センサー、画像処理エンジン、最高ISO感度、シャッター速度、AF速度など基本部分は原則そのまま引き継いでいます。

目立った変更点は、GRシリーズ史上初搭載のWi-Fi / NFC機能。使ってスマートフォンなどとWiFi接続で連携できるほか、NFC対応端末の場合はかざすだけでペアリングが可能になりました。



側面には前機種から採用されたエフェクトボタンにWi-Fi機能も付加した「Wi-Fi +エフェクト」ボタンを装備しています。さらにエフェクトの種類が増えており、「HDR調」「明瞭コントロール」「光沢コントロール」「雅(MIYABI)」「鮮やか」「人物」の6種類が追加されています。



またアプリでは、スマートフォンやタブレットからカメラ本体とほぼ同様の撮影設定ができる「GR Remote」、撮影画像の閲覧や転送ができる「Image Sync」を用意しています。



ボディの外装には、従来機通りマグネシウム合金を採用します。握りやすさを重視したグリップなど、「GR」シリーズらしい「変わらないデザイン」は健在。毎回少しずつ確実に内面をアップデートしながらも、外観は殆ど変わらないGRイズムに魅了されたファンは少なくないはずです。

​バッテリーはUSB充電に対応。バッテリーの出し入れをせず手軽に本体を充電できます。バッテリーチャージャーも別売りで用意されます。

ボディカラーはブラックの1色のみ。市場想定価格は10万円前後(税別)です。


カメラ本体の発売にあわせて、「GRⅡ初回生産限定セット」を数量2000台限定で発売します。このセットでは、「GR II」本体に加えて、ホースレザー製のラッピングケース、腕時計のバックルをあしらったデザインのハンドストラップ、着せ替え可能なグリーンのリングキャップが付属します。オンラインストアでの価格は執筆時点で10万2500円(税別)です。


さらに、リコーイメージング公式直販サイト限定で「GRⅡ直販限定セット」を数量200台限定で予約を受け付けています。こちらは初回生産限定セットと比べてケースとストラップがナチュラルなブラウンカラーに変更されており、オンラインストアでの価格は執筆時点で10万500円(税別)です。着せ替え可能なリングキャップは付属しないようです。


第6世代となる今回の GR II では、上記の他に蛍光灯下でのAWB精度向上や屋外での緑被り低減、バッファメモリの増加によるRAWでの最大連続撮影枚数が4コマから10コマに増えるなど、細かい点も改善されています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

113シェア
0
113
0
0

Sponsored Contents