Sponsored Contents

canonの最新記事

Image credit:
Save

キヤノンPowerShot G3 X正式発表。広角端24mmの25倍ズーム、1型20MPセンサ搭載

Shinichi Sekine, @sekine_s
2015年6月18日, 午後01:01 in Canon
132シェア
0
132
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

キヤノンは有効2020万画素の1型CMOSセンサーと、35mm判換算で24~600mm相当の光学25倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ PowerShot G3 Xを発表しました。

キヤノンのコンパクトデジタルカメラ PowerShotシリーズの高級モデルGシリーズに属する製品。現行のGシリーズとしては、画質重視のPowerShot G1 X Mark II、多機能コンパクトのPowerShot G7 Xに続く3機種目として、画質と高倍率ズームを両立させた位置付けです。

0


    PowerShot G3 X は2015年2月に開発を表明し、同月に開催した展示会 CP+ 2015で参考出品済み。発売時期は未定としていましたが、今回の正式発表でスペックの詳細と、6月25日の発売が明らかになりました。

    レンズの開放F値はF2.8-5.6。UDレンズ2枚、Hi-UDレンズ1枚、非球面レンズ4枚を含む18枚構成のレンズながら、キヤノンのコンパクトデジタルカメラとして初めて凹レンズと凸レンズの組み合わせを3回用いた6群ズームレンズを採用しており、レンズ部分の全長短縮と諸収差の補正を図っています。

    ズーム時の駆動音を抑える超音波モーター マイクロUSM IIを搭載したほか、手ブレ補正機構ISは3.5段分の補正効果を謳います。

    画像処理エンジンにはデジタル一眼レフカメラのEOS 7D Mark IIにも搭載しているDIGIC 6を採用。現行の機種から露出目標値と高輝度側のコントラスト特性を変更し、撮影画像はより一眼レフカメラに近い階調特性となるよう調整されています。

    最高感度はISO12800で、ノイズとディテールを判定する精度を高めており、高感度撮影時での解像感と低ノイズ性能の保持を図りました。

    背面にはコントローラーホイールを備えるほか、Gシリーズの大きな特徴でもある上面軍艦部のダイヤル類も健在。AEロックボタンなど、撮影時の利便性を考慮した高級コンパクトらしいボタン配置も特徴的です。

    機能面では、キヤノン製コンパクトカメラとして初めてバルブ撮影が可能になりました。最長256秒、感度はISO3200まで対応。花火大会の打ち上げ大玉を撮る際には必須の機能です。

    動画機能は59.94fpsまでのフルHD記録に対応。動画撮影中に絞り、シャッタースピード、ISO感度などの露出を変更できるマニュアル動画モードを備えるほか、映画撮影の際に用いられるグリッドライン5種をライブビューに表示できるアスペクトマーカー機能も搭載。防塵・防滴性能も備えています。

    背面液晶モニターは162万画素の3.2型で、上方向に180度、下方向に45までチルト可能。自分撮りにも便利です。このほか、内蔵WiFiやNFCといった無線接続機能も搭載しています。

    外形寸法は123.3×76.5×105.3mm。重量は約733g。キヤノンオンラインショップでの価格は税別10万6800円。限定5000台で電子ビューファインダー EVF-DC1が付属するEVF Kitが10万9800円。



    高倍率ズームレンズ搭載ということで、ちょっとしたミラーレスカメラよりも重量はありますが、18枚のガラスの塊が中に詰まってると考えれば仕方のないことなのかもしれません。ちなみにG1 X Mark IIは116.3×74×66.2mmで553g、G7 Xは103×60.4×40.4mmで304g。幅、奥行き、高さともに現行のGシリーズ最大級となっています。

    なお、1型センサー搭載の高倍率ズーム機としてはソニーのサイバーショットDSC-RX10 II(129.0×88.1×102.2mm、813g)と、パナソニックLUMIX DMC-FZ1000(136.8×98.5×130.7mm、780g)があります。この2機種と比較すると、G3 Xは1型センサー搭載の高倍率ズーム機としてはむしろ小振りなサイズと言えます。

    ここまでくると、価格的にもよりセンサーサイズの大きいミラーレスにしたほうがいいのでは、という意見もあろうかと思いますが、そこは使い方次第で選び方が変わるでしょう。ミラーレスでは自在にレンズ交換が可能で、大きなセンサーによって背景のボケた写真が撮影できる一方、高倍率ズーム機ではレンズ一体型のメリットを活かしてレンズ交換式では難しい超望遠ズームが楽しめるほか、レンズ交換に伴ってカメラ内にゴミが入るリスクがありません。どちらも一長一短なので、カメラの購入を検討する際は、価格だけでなく、自分の撮影スタイルも考慮して機種選びをしたいところです。



    広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

    Source: CANON
    関連キーワード: canon, cmos, digic6, powershot, PowerShot G3 X, zoom
    132シェア
    0
    132
    0

    Sponsored Contents