Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

高性能 Ubuntu スマホ Meizu MX4 Ubuntu Edition 欧州で発売

Ittousai , @Ittousai_ej
2015年6月25日, 午前12:14 in Android
529 シェア
167
199
0
163

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事




中国のメーカー 魅族は、Ubuntuスマートフォン Meizu MX4 Ubuntu Edition を6月25日から欧州で発売します。

Android端末 Meizu MX4 の OSをモバイル版 Ubuntu に載せ替えた製品で、一般に販売されるUbuntu スマートフォンとしては今年2月の BQ Aquarius E4.5 Ubuntu Edition に続く2機種目にあたります。



主なハードウェア仕様は、ディスプレイがシャープ製の 5.36インチ1920 x 1152 (418PPI) 液晶、輝度500cd/m2、コントラスト比1100:1、ゴリラガラス3カバー。

プロセッサが MediaTek MT6595のMeizuカスタム品 (Cortex-A17とA7の 4+4 big.LITTLEオクタコア、PowerVR G6200 GPU、4チャンネル6Gbps ISP)、2GB RAM、16GBストレージ。

背面カメラはソニー製の裏面照射型20MピクセルCMOSセンサ採用、f/2.2レンズ。前面カメラもソニー製センサの2Mピクセル、広角77度、f/2.0。

ほか 802.11ac対応WiFi、Bluetooth 4.0、ネットワーク方式はTD-LTE、FDD-LTE、TD-SCDMA、WCDMA、GSM対応。バッテリーは3100mAh。

本体サイズ 75.2 x 144 x 8.9mm、重さ147gなど。


BQ アクエリアス Ubuntu Edition は微妙な仕様でしたが、Meizu MX4 Ubuntu Edition はウルトラハイとはいわないまでも一線級の高スペックです。




スマホ版 Ubuntu のインターフェースはこんな感じ。iOS でも Android でもつきもののグリッド状に並んだアプリアイコンをできるだけ排して、Scopesと呼ばれる利用シーンごとのホームスクリーンに複数アプリからのコンテンツをまとめて表示する点、遷移にボタンではなくスワイプを多用することが特徴的といえば特徴的です。

Ubuntu スマートフォンといえば一昨年2013年には、「普及前の先端技術や高コストな新素材、新製法をふんだんに用いた超ハイエンド スマートフォンを少数生産する」とうたう Ubuntu Edge 計画がありました。



Ubuntu Edge 計画はクラウドファンディングで史上空前の1280万ドルを集めつつゴールの3000万ドルには半ばまでも届かず、結局は幻に終わっています。しかし Ubuntu Edge の提唱者で Ubuntu OS を主導するカノニカルのCEOマーク・シャトルワース氏は、Edge計画を通じて各国スマートフォンメーカーやネットワークと良好な関係を築くことができ、将来的な Ubuntu スマートフォン 発売に良好な影響を与えるだろう、といった説明をしていました。

今のところUbuntu 関係者や開発者以外にどのようなユーザーが敢えてUbuntu 携帯を選ぶのか分かりませんが、Windows Phone も Windows 10 を控えて国内向け機種が続々と発表されるこのご時世では、Firefox OS のように「普通は持っていないOSのスマートフォン」として意義があるかもしれません。(とはいえ、ベースモデルは一般向けに広く販売されるAndroidスマートフォンです)。

Maize MX4 Ubuntu Edition の価格は299ユーロ。税金等を考えず現行レート換算すれば約4万円。今のところ欧州向けのみで、しかも Meizuのサイトでまず登録して招待が届いたらやっと注文できる台数不明の限定販売を採っています。(開発者向けには中国本土で5月から販売中)。

Source: Meizu
関連キーワード: android, meizu, Meizu MX4 Ubuntu Edition, ubuntu
529 シェア
167
199
0
163

Sponsored Contents